Top > Search of Japanese Patents > TIME-DIVISION WAVELENGTH MULTIPLE PULSE-LIGHT GENERATOR AND MULTIPLE WAVELENGTH MEASURING SYSTEM

TIME-DIVISION WAVELENGTH MULTIPLE PULSE-LIGHT GENERATOR AND MULTIPLE WAVELENGTH MEASURING SYSTEM commons

Patent code P020000108
File No. Y99-P181
Posted date May 27, 2003
Application number P1999-333897
Publication number P2001-156368A
Patent number P3865982
Date of filing Nov 25, 1999
Date of publication of application Jun 8, 2001
Date of registration Oct 13, 2006
Inventor
  • (In Japanese)後藤 俊夫
  • (In Japanese)西澤 典彦
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title TIME-DIVISION WAVELENGTH MULTIPLE PULSE-LIGHT GENERATOR AND MULTIPLE WAVELENGTH MEASURING SYSTEM commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a time-division wavelength multiple pulse-light generator capable of changing multiple ultrashort pulse light having different wavelengths in an arbitrary time-division period extending over a wide band at high speed, by adding an oscillator synchronizing with an output from a short-pulse light source to the short-pulse light source, a light intensity adjustor and an optical fiber, and driving the light intensity adjustor by an output from the oscillator and a multiple wavelength measuring system.
SOLUTION: The time-division wavelength multiple pulse-light generator has the short-pulse light source 1, the oscillator 5 synchronizing with the repetitive frequency of an output from the short-pulse light source 1, an intensity modulator 2 being driven by the output from the oscillator 5 and modulating the output from the short-pulse light source 1 and the optical fiber 7, to which incident pulses are projected from the intensity modulator 2 and which changes the wavelength of output pulses, and pulse light in which wavelengths are changed periodically to the time is outputted.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来より、これまで超短パルス光は色素レーザーや固体レーザーを用いて生成されてきたが、光学系が大がかり、且つ、複雑で、波長の可変範囲も数十nmと狭いものであった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、単一の超短パルス光源と光強度変調器、光ファイバを用いて光の波長が時間に対し周期的に変化する超短パルスを生成する時分割波長多重パルス光発生装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 (a)フェムト秒ファイバレーザと、
(b)該フェムト秒ファイバレーザから出力されるパルス光の繰り返し信号を受ける分周器と、
(c)該分周器からの信号で駆動され、任意の繰り返し波形を生成する発振器と、
(d)該発振器の出力によって駆動され、超広帯域に、かつ超高速に波長をシフト可能にするために、透過光の強度を時間に対し周期的に変化させる光強度変調器と、
(e)該光強度変調器から入射される入射パルス光の強度に対し、非線形効果を用いて、ほぼ線形に波長のシフトしたソリトンパルスが生成される単一の光ファイバとを具備し、
(f)時間に対し周期的に波長の変化する超短パルス光を出力することを特徴とする時分割波長多重パルス光発生装置。
【請求項2】
  請求項1記載の時分割波長多重パルス光発生装置において、前記光ファイバが定偏波ファイバであることを特徴とする時分割波長多重パルス光発生装置。
【請求項3】
  請求項2記載の時分割波長多重パルス光発生装置において、入射光の偏光方向を定偏波ファイバの複屈折軸から傾け、同時に異なる2波長のパルスを生成することを特徴とする時分割波長多重パルス光発生装置。
【請求項4】
 (a)フェムト秒ファイバレーザと、
(b)該フェムト秒ファイバレーザから出力されるパルス光の繰り返し信号を受ける分周器と、
(c)該分周器からの信号で駆動され、任意の繰り返し波形を生成する発振器と、
(d)該発振器の出力によって駆動され、超広帯域に、かつ超高速に波長をシフト可能にするために、透過光の強度を時間に対し周期的に変化させる光強度変調器と、
(e)該光強度変調器から入射される入射パルス光の強度に対し、非線形効果を用いて、ほぼ線形に波長のシフトしたソリトンパルスが生成される光ファイバとを備え、
(f)時間に対し周期的に波長の変化する超短パルス光を出力するとともに、可搬型に組み立てることを特徴とする時分割波長多重パルス光発生装置。
【請求項5】
  請求項4記載の時分割波長多重パルス光発生装置において、前記光ファイバが定偏波ファイバであることを特徴とする時分割波長多重パルス光発生装置。
【請求項6】
  請求項5記載の時分割波長多重パルス光発生装置において、入射光の偏光方向を定偏波ファイバの複屈折軸から傾け、同時に異なる2波長のパルスを生成することを特徴とする時分割波長多重パルス光発生装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP1999333897thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close