Top > Search of Japanese Patents > DATA OVERLAPPING PROGRAM AND DATA OVERLAPPING METHOD

DATA OVERLAPPING PROGRAM AND DATA OVERLAPPING METHOD meetings

Patent code P210017373
File No. P14-014
Posted date Jan 7, 2021
Application number P2014-197627
Publication number P2016-070708A
Patent number P6635649
Date of filing Sep 26, 2014
Date of publication of application May 9, 2016
Date of registration Dec 27, 2019
Inventor
  • (In Japanese)加藤 顕
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人千葉大学
Title DATA OVERLAPPING PROGRAM AND DATA OVERLAPPING METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a data overlapping program and a data overlapping method, capable of fusing two three-dimensional data groups (point group data) more easily.
SOLUTION: A data overlapping program according to an aspect of the present invention causes a computer to execute the procedures of: extracting at least three first feature points based on first point group data; extracting at least three second feature points based on second point group data; and overlapping the first feature point and the second feature point.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、航空機にレーザーセンサーを搭載し、このレーザーセンサー用いて地上にレーザーを照射し、その反射を測定することで、地面、建物、樹木等を含めた地上の三次元データを取得することができるようになってきている。

一方で、フリーハンドで撮影された複数枚の連続写真上で、オーバーラップした場所を自動で認識し、その多視点画像から三次元データを作成するSfM(Structure from Motion)という技術が、例えば下記非特許文献1にされている。

そして、SfMを応用して、例えば下記非特許文献2で示されるように、多視点で撮影される高解像度カメラから三次元データを容易に取得できる装置が開発され、三次元データを航空機から詳細に取得できるようになってきている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明はデータ重ね合わせプログラム及びデータ重ね合わせ方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
航空機による空からの森林測定によって取得された点群データを第一の点群データとし、
地上における森林測定によって取得された点群データを第二の点群データとし、
特徴点を樹木の頂点とし、
コンピュータに、
前記第一の点群データに基づき少なくとも3点の第一の特徴点を抽出する処理、
前記第二の点群データに基づき少なくとも3点の第二の特徴点を抽出する処理、
前記第一の特徴点と前記第二の特徴点を重ね合わせる処理、
前記第一の点群データ、前記第二の点群データのいずれであったかを示すデータを付加する処理、
を行わせるためのデータ重ね合わせプログラム。

【請求項2】
 
請求項1記載のデータ重ね合わせプログラムにおいて、
前記第一の特徴点と前記第二の特徴点を重ね合わせる処理の後に、
前記第一の点群データと前記第二の点群データを融合する融合処理を付加したことを特徴とするデータ重ね合わせプログラム。

【請求項3】
 
航空機による空からの森林測定によって取得された点群データを第一の点群データとし、
地上における森林測定によって取得された点群データを第二の点群データとし、
特徴点を樹木の頂点とし、
前記第一の点群データに基づき少なくとも3点の第一の特徴点を抽出し、
前記第二の点群データに基づき少なくとも3点の第二の特徴点を抽出し、
前記第一の特徴点と前記第二の特徴点を重ね合わせ、
前記第一の点群データ、前記第二の点群データのいずれであったかを示すデータを付加する、データ重ね合わせ方法。

【請求項4】
 
請求項3記載のデータ重ね合わせ方法において、
前記第一の特徴点と前記第二の特徴点を重ね合わせた後に、
前記第一の点群データと前記第二の点群データを融合する融合処理を付加したことを特徴とするデータ重ね合わせ方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014197627thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close