TOP > 国内特許検索 > 棘突起縦割ガイド装置

棘突起縦割ガイド装置 (未公開特許出願) 新技術説明会

国内特許コード P210017379
整理番号 R0206261
掲載日 2021年1月18日
出願番号 特願2020-184289
出願日 令和2年11月4日(2020.11.4)
発明者
  • 髙橋 護
  • 宮腰 尚久
  • 神谷 修
出願人
  • 国立大学法人秋田大学
発明の名称 棘突起縦割ガイド装置 (未公開特許出願) 新技術説明会
発明の概要 腰部脊柱管狭窄症などの様々な脊椎疾患の手術の際に,脊椎棘突起の縦割を患者の骨形態や術者の経験に関係なく正確に行うためのデバイスを開発した。
未公開特許(まだ出願公開されていない特許)については、上記項目のみについて公開しています。詳細内容の開示にあたっては、別途、弊学と秘密保持契約を締結していただくことが必要となります。
その手続き等について、詳しくお知りになりたい方は下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close