Top > Search of Japanese Patents > FLANGE JOINT

FLANGE JOINT UPDATE_EN

Patent code P210017395
File No. (S2019-0420-N0)
Posted date Jan 27, 2021
Application number P2020-091311
Publication number P2020-204398A
Date of filing May 26, 2020
Date of publication of application Dec 24, 2020
Priority data
  • P2019-109658 (Jun 12, 2019) JP
Inventor
  • (In Japanese)孫 勇
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title FLANGE JOINT UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a flange joint capable of extending a use period of a gasket and a flange to be used for the flange joint.
SOLUTION: In a flange joint 10 in which a gasket 13 sandwiched by first and second flanges 11, 12 with each center of them arranged on a virtual axis V, when distances from a knife edge J included in the first flange 11, and knife edges P, Q included in the second flange 12 to the virtual axis V are defined as j, p, q, respectively, they are p<j<q. The knife edge J is formed over the entire circumference in a circumferential direction of the first flange 11 with length in the circumferential direction being Lj. One of the knife edges P, Q is formed over the entire circumference in a circumferential direction of the second flange 12 with length of the circumferential direction being L1, and the other is a discontinuous knife edge having a plurality of protrusions 15 provided at an interval in the circumferential direction of the second flange 12 with the total length in the circumferential directions of the plurality of protrusions 15 being L2, establishing 0.8×(L1+L2)≤Lj≤1.5×(L1+L2).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

管と管の接続や管末端の閉止は、ガスケットを挟んだ対となるフランジを連結することによってシール性が確保され、その具体例が特許文献1、2に開示されている。特許文献1、2に開示された例では、対向するフランジが、それぞれに形成されたナイフエッジを、フランジ間に配置されたガスケットに食い込ませた状態で連結される。これによって、外部から管内への物質の進入や管内の流体の外部への漏れを防止して、例えば、管内に設けられた真空環境を維持することができる。そして、特許文献2には、一方のフランジに1つのナイフエッジを設け、他方のフランジに2つのナイフエッジを設けてシール性を向上させる旨が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、対向するフランジがガスケットを挟んで連結されたフランジ継手に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
それぞれ中心が仮想軸上に配されて連結された第1、第2のフランジと、対向する前記第1、第2のフランジに挟まれたガスケットとを有するフランジ継手において、
前記第1のフランジは、前記ガスケットの一側に押し当てられたナイフエッジJを具備し、前記第2のフランジは、前記ガスケットの他側に押し当てられたナイフエッジP、Qを備え、前記ナイフエッジJ、P、Qから前記仮想軸までの距離をそれぞれj、p、qとして、該ナイフエッジJ、P、Qは、p<j<qとなる位置に設けられ、
前記ナイフエッジJは、前記第1のフランジの周方向に全周に渡って形成され、前記ナイフエッジP、Qは、一方が前記第2のフランジの周方向に全周に渡って形成された連続型ナイフエッジであり、他方が前記第2のフランジの周方向に間隔を空けて設けられ、それぞれ前記ガスケットに接触した複数の突起を有する不連続型ナイフエッジであり、
前記ナイフエッジJの周方向の長さ、前記連続型ナイフエッジの周方向の長さ、前記不連続型ナイフエッジの前記複数の突起の該第2のフランジの周方向の長さの合計をそれぞれLj、L1、L2として、0.8×(L1+L2)≦Lj≦1.5×(L1+L2)が成立することを特徴とするフランジ継手。

【請求項2】
 
請求項1記載のフランジ継手において、前記ナイフエッジP、Qはそれぞれ前記連続型ナイフエッジ及び前記不連続型ナイフエッジであり、0.9×(L1+L2)≦Lj≦1.5×(L1+L2)であることを特徴とするフランジ継手。

【請求項3】
 
請求項2記載のフランジ継手において、0.9×(L1+L2)≦Lj≦1.3×(L1+L2)であることを特徴とするフランジ継手。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2020091311thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close