Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)脂質の生産方法

(In Japanese)脂質の生産方法

Patent code P210017397
File No. (S2018-0226-N0)
Posted date Jan 27, 2021
Application number P2019-561642
Date of filing Dec 21, 2018
International application number JP2018047230
International publication number WO2019131502
Date of international filing Dec 21, 2018
Date of international publication Jul 4, 2019
Priority data
  • P2017-250129 (Dec 26, 2017) JP
Inventor
  • (In Japanese)秋 庸裕
  • (In Japanese)渡邉 研志
  • (In Japanese)中島田 豊
  • (In Japanese)松村 幸彦
  • (In Japanese)岡村 好子
  • (In Japanese)田島 誉久
  • (In Japanese)廣谷 蘭
  • (In Japanese)石垣 元務
  • (In Japanese)黛 新造
  • (In Japanese)吉田 和広
  • (In Japanese)沢田 健
  • (In Japanese)角田 祐介
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
  • (In Japanese)出光興産株式会社
  • (In Japanese)中国電力株式会社
Title (In Japanese)脂質の生産方法
Abstract (In Japanese)オーランチオキトリウム属微生物による油脂等の脂質生産において、原料コストの削減と脂質の高効率生産と両立させることを目的とする。本発明の一態様における脂質の生産方法は、酢酸生産菌が二酸化炭素を含む副生ガス等から酢酸を発酵生産する工程、およびオーランチオキトリウム属微生物が前工程で発酵生産された酢酸から脂質を発酵生産する工程を含む、二段階発酵法である。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ラビリンチュラ類オーランチオキトリウム属微生物は、高度不飽和脂肪酸やカロテノイドのほか、各種炭化水素を顕著量生産する性質を有することから、多様な産業に応用可能な工業微生物として期待されている。

例えば、特許文献1には、オーランチオキトリウム属微生物等の従属栄養微生物を、窒素および炭素の含有量が異なる2種類の培地を用いて段階的に培養することによって、上記従属栄養微生物に効率よく油脂を生産させることができ、且つ、より短期間で大量に油脂を生産することができることが記載されている。また、特許文献2には、オーランチオキトリウム属微生物等の従属栄養微生物を、糖類およびグリセリンの含有量が異なる2種類の培地を用いて段階的に培養することによって、より短期間で大量に油脂を生産できることが記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ラビリンチュラ類オーランチオキトリウム(Aurantiochytrium)属微生物を用いた脂質の生産方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
培地中で嫌気性の酢酸生産菌を嫌気条件下で培養する酢酸生産菌培養工程、および
上記酢酸生産菌培養工程後の酢酸を含む培地中で、オーランチオキトリウム属微生物を培養する培養工程を含むことを特徴とする脂質の生産方法。

【請求項2】
 
上記培地における酢酸濃度は、10g/L以上である、請求項1に記載の脂質の生産方法。

【請求項3】
 
上記酢酸は、酢酸生産菌により生産された酢酸である、請求項1または2に記載の脂質の生産方法。

【請求項4】
 
上記酢酸生産菌は、モレラ属微生物、クロストリジウム属微生物、アセトバクテリウム属微生物、ブラウティア属微生物、ユーバクテリウム属微生物、およびスポロムサ属微生物からなる群から選択されるいずれか1つ以上である、請求項1~3のいずれか1項に記載の脂質の生産方法。

【請求項5】
 
上記酢酸生産菌培養工程における酢酸生産菌の培養は、二酸化炭素を含む、嫌気雰囲気中で行われる、請求項1~4のいずれか1項に記載の脂質の生産方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2019561642thum.jpg
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close