Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR QUICK HYDROPHOBICIZATION OF HYDROPHILICIZED SURFACE OF SOLID OXIDE

METHOD FOR QUICK HYDROPHOBICIZATION OF HYDROPHILICIZED SURFACE OF SOLID OXIDE

Patent code P020000112
Posted date May 27, 2003
Application number P1999-343788
Publication number P2001-158606A
Patent number P3548794
Date of filing Dec 2, 1999
Date of publication of application Jun 12, 2001
Date of registration Apr 30, 2004
Inventor
  • (In Japanese)亀井 雅之
  • (In Japanese)三橋 武文
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人物質・材料研究機構
Title METHOD FOR QUICK HYDROPHOBICIZATION OF HYDROPHILICIZED SURFACE OF SOLID OXIDE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To develop a method for increasing the speed of a conventional hydrophobicization process of a printing, antifogging or stainproofing procedure necessitating several weeks to a practically acceptable level and, in contrast to conventional process, quickly changing the whole or an arbitrary local area of a hydrophilic surface to hydrophobic surface.
SOLUTION: A desired area of the hydrophilicized surface of a solid oxide such as titanium dioxide having a fundamentally hydrophobic anatase, rutile or mixed crystal structure is subjected to mechanical stimulation in a state having preferably water molecule or its modified product adsorbed, bonded or brought into contact with the area to achieve the quick change of the area to hydrophobic state.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



各種の物品表面に塗布した酸化チタン層などの固体表面に紫外線を照射することによって、疎水性であった酸化チタン層表面が親水化し、表面への水の接触角が5度程度以下になることは公知である。この現象を利用して、防曇、防汚の目的で各種物品の表面に酸化チタンを主成分とする被膜を形成して親水性とすることができる。一方、印刷などの画像形成システムにおいては、親水性表面を局所的に改質処理して疎水化し、親水・疎水性の画像を形成する方法(特公平5-30273号公報、特開平11-58831号公報等)や、電子セラミックスの分野で積層パターンを形成する際に部分的な疎水化処理を用いる方法(特開平5-97407号公報)なども知られている。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、印刷技術における画像形成や電子セラミックス分野における微細パターンの形成、各種物品表面の防曇、防汚技術に用いられる固体表面の親水化処理、疎水化処理方法に関し、特に、親水化した酸化物固体表面の全領域または任意の局所的領域を高速で疎水化する方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
親水化した酸化物固体表面の所望の領域に加圧力や摩擦力による機械的刺激を印加することにより、当該領域を疎水性に変化させることを特徴とする酸化物固体表面の高速疎水化方法。

【請求項2】
 
酸化物固体表面の所望の領域に水分を補充した状態において、機械的刺激を印加することを特徴とする請求項1記載の酸化物固体表面の高速疎水化方法。

【請求項3】
 
酸化物がチタン原子を含む酸化物であることを特徴とする請求項1または2記載の酸化物固体表面の高速疎水化方法。

【請求項4】
 
チタン原子を含む酸化物がアナターゼ型またはルチル型もしくは両者の混合の結晶構造を持つ二酸化チタンであることを特徴とする請求項3記載の酸化物固体表面の高速疎水化方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP1999343788thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close