Top > Search of Japanese Patents > EDDY CURRENT FLAW DETECTION PROBE AND EDDY CURRENT FLAW DETECTOR

EDDY CURRENT FLAW DETECTION PROBE AND EDDY CURRENT FLAW DETECTOR

Patent code P210017428
File No. 14169
Posted date Feb 19, 2021
Application number P2019-062222
Publication number P2020-159983A
Date of filing Mar 28, 2019
Date of publication of application Oct 1, 2020
Inventor
  • (In Japanese)山口 智彦
  • (In Japanese)ミハラケ オビデウ
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title EDDY CURRENT FLAW DETECTION PROBE AND EDDY CURRENT FLAW DETECTOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an eddy current flaw detection probe and an eddy current flaw detector which can decrease, when a machining mark is formed in a pipeline, influence of the machining mark and accurately detect a minute defect.
SOLUTION: An eddy current flaw detection probe 1B comprises an eddy current flaw detection system 4 using an indirect magnetic field. The eddy current flaw detection system 4 comprises: a pair of detection coil groups 41A and 41B which include a first magnetic material core group 5 and are arranged in parallel along a first central axis O1; and exciting coils 40A and 40B which include second magnetic material cores 6A and 6B and are arranged along the first central axis O1 outside the pair of detection coil groups 41A and 41B in an axial direction. The first magnetic material core group 5 is arranged along a plurality of second central axes O2 and extended by a first core length L5 with respect to the outside of detection coils 410A and 410B in an axial direction, and the first core length L5 is longer than a coil length L6 of the detection coils 410A and 410B in the axial direction.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、磁性材料で形成された配管の探傷試験において、配管内に渦電流探傷用プローブを挿入し、配管の内面及び外面に対する探傷試験を行う渦電流探傷装置が用いられている。

例えば、特許文献1には、間接磁場を利用した渦電流探傷試験(Remote Field-Eddy Current Testing:RF-ECT)を行うRFEC法測定プローブ11が開示されている。特許文献1に開示されたRFEC法測定プローブ11は、複数の受信コイル14を備え、複数の受信コイル14を、中心軸13を中心とする全周に対して等間隔で配置したものである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、渦電流探傷用プローブ及び渦電流探傷装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
配管内に挿入されて前記配管と同軸に配置される本体の第1の中心軸に沿って、間接磁場を利用した渦電流探傷系を備える渦電流探傷用プローブであって、
前記渦電流探傷系は、
第1の磁性体コア群を有し、前記第1の中心軸に沿って前記第1の中心軸と平行な軸方向に並列して配置された一対の検出コイル群と、
第2の磁性体コアを有し、前記第1の中心軸に沿って前記一対の検出コイル群の前記軸方向外側に配置されて、前記第1の中心軸をコイルの中心とする励磁コイルとを備え、
前記一対の検出コイル群の各々は、
前記第1の中心軸を中心として周方向に所定の間隔でそれぞれ配置されて、前記第1の中心軸に平行な複数の第2の中心軸をコイルの中心とする複数の検出コイルにより構成されており、
前記第1の磁性体コア群は、
前記複数の第2の中心軸に沿って配置されているとともに、前記複数の検出コイルの前記軸方向外側に対して第1のコア長さだけ長く配置されており、
前記第1のコア長さは、
前記複数の検出コイルの前記軸方向のコイル長さよりも長い、
ことを特徴する渦電流探傷プローブ。

【請求項2】
 
前記第1の磁性体コア群は、
前記複数の第2の中心軸に沿ってそれぞれ配置されて、前記複数の検出コイルと同数の複数の第1の磁性体コアにより構成されており、
前記一対の検出コイル群の各々を構成する前記複数の検出コイルの各々は、
前記複数の第1の磁性体コアにそれぞれ巻回されている、
ことを特徴する請求項1に記載の渦電流探傷用プローブ。

【請求項3】
 
前記複数の第1の磁性体コアの各々は、
周方向に少なくとも2つの周溝を有するとともに、軸方向が前記複数の第2の中心軸に沿ってそれぞれ配置された棒状部材により構成されており、
前記2つの周溝は、
前記軸方向両端部から前記第1のコア長さだけ前記軸方向内側の位置にそれぞれ形成されており、
前記一対の検出コイル群の各々を構成する前記複数の検出コイルの各々は、
前記2つの周溝にそれぞれ巻回されている、
ことを特徴する請求項2に記載の渦電流探傷用プローブ。

【請求項4】
 
前記励磁コイルとして、前記第1の中心軸に沿って前記一対の検出コイル群の前記軸方向外側にそれぞれ配置された一対の励磁コイルを備える、
ことを特徴する請求項1乃至請求項3のいずれか一項に記載の渦電流探傷プローブ。

【請求項5】
 
請求項1乃至請求項4のいずれか一項に記載の渦電流探傷用プローブと、
前記渦電流探傷用プローブにより検出された検出信号を処理する処理装置とを備える、
ことを特徴する渦電流探傷装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2019062222thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close