Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)白内障の予防剤および/または治療剤、白内障の予防および/または治療のための医薬組成物、これらを製造するためのPPAR活性化剤の使用、ならびに点眼剤

(In Japanese)白内障の予防剤および/または治療剤、白内障の予防および/または治療のための医薬組成物、これらを製造するためのPPAR活性化剤の使用、ならびに点眼剤

Patent code P210017452
File No. (FU773)
Posted date Mar 12, 2021
Application number P2019-562179
Date of filing Dec 27, 2018
International application number JP2018048211
International publication number WO2019131897
Date of international filing Dec 27, 2018
Date of international publication Jul 4, 2019
Priority data
  • P2017-254614 (Dec 28, 2017) JP
Inventor
  • (In Japanese)沖 昌也
  • (In Japanese)金田 文人
  • (In Japanese)釜田 和馬
  • (In Japanese)▲高▼村 佳弘
  • (In Japanese)三宅 誠司
  • (In Japanese)稲谷 大
  • (In Japanese)内田 博之
  • (In Japanese)野方 美歩
  • (In Japanese)加藤 雅智
  • (In Japanese)藤澤 幸史
  • (In Japanese)高岡 慎治
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
  • (In Japanese)参天製薬株式会社
Title (In Japanese)白内障の予防剤および/または治療剤、白内障の予防および/または治療のための医薬組成物、これらを製造するためのPPAR活性化剤の使用、ならびに点眼剤
Abstract (In Japanese)従来とは作用機序が異なる白内障の予防剤および治療剤、ならびに、これらを製造するための、PPAR活性化剤の使用を提供する。PPAR活性化剤を有効成分として含有している、白内障の予防剤および/または治療剤を用いる。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

白内障は、水晶体が混濁(例えば、白濁)することによって、視力が低下する疾患である。白内障の罹患者では、一般的に、水晶体の、核、皮質、または、後嚢などに混濁が生じる。

白内障の種類としては、加齢白内障、および、糖尿病白内障などが挙げられる。加齢白内障は、罹患者の数が最も多い白内障である。加齢白内障の場合、加齢に伴って罹患者の数が増加し、60歳代の日本人の約66~85%、70歳代の日本人の約84~97%、80歳以上の日本人の約100%が加齢白内障を患っているという報告がある。一方、糖尿病白内障の場合、60歳以下の罹患者が多く、糖尿病白内障は、若年層でも発症し得る疾患である。

白内障の治療方法としては、外科手術、および、予防剤または治療剤の投与、を挙げることができる。当該予防剤および治療剤の一例としては、グルタチオン、またが、ピレノキシンを含む薬剤を挙げることができる(非特許文献1および2参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、白内障の予防剤および/または治療剤、白内障の予防および/または治療のための医薬組成物、これらを製造するためのPPAR活性化剤の使用、ならびに点眼剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
PPAR活性化剤を有効成分として含有している、白内障の予防剤および/または治療剤。

【請求項2】
 
上記PPAR活性化剤が、フィブラート、チアゾリジン、グリタゾンおよびグリタザールからなる群より選択される少なくとも1種である、請求項1に記載の白内障の予防剤および/または治療剤。

【請求項3】
 
上記フィブラートが、シプロフィブラートまたはゲムフィブロジルである、請求項2に記載の白内障の予防剤および/または治療剤。

【請求項4】
 
上記チアゾリジンが、ロシグリタゾンである、請求項2に記載の白内障の予防剤および/または治療剤。

【請求項5】
 
点眼投与される、請求項1~4のいずれか1項に記載の白内障の予防剤および/または治療剤。

【請求項6】
 
点眼剤である、請求項1~5のいずれか1項に記載の白内障の予防剤および/または治療剤。

【請求項7】
 
上記白内障は、糖尿病白内障である、請求項1~6のいずれか1項に記載の白内障の予防剤および/または治療剤。

【請求項8】
 
PPAR活性化剤を有効成分として含有している、白内障の予防および/または治療のための医薬組成物。

【請求項9】
 
上記PPAR活性化剤が、フィブラート、チアゾリジン、グリタゾンおよびグリタザールからなる群より選択される少なくとも1種である、請求項8に記載の白内障の予防および/または治療のための医薬組成物。

【請求項10】
 
上記フィブラートが、シプロフィブラートまたはゲムフィブロジルである、請求項9に記載の白内障の予防および/または治療のための医薬組成物。

【請求項11】
 
上記チアゾリジンが、ロシグリタゾンである、請求項9に記載の白内障の予防および/または治療のための医薬組成物。

【請求項12】
 
点眼投与される、請求項8~11のいずれか1項に記載の白内障の予防および/または治療のための医薬組成物。

【請求項13】
 
点眼剤である、請求項8~12のいずれか1項に記載の白内障の予防および/または治療のための医薬組成物。

【請求項14】
 
上記白内障は、糖尿病白内障である、請求項8~13のいずれか1項に記載の白内障の予防および/または治療のための医薬組成物。

【請求項15】
 
白内障を予防および/または治療するための医薬を製造するための、PPAR活性化剤の使用。

【請求項16】
 
上記PPAR活性化剤が、フィブラート、チアゾリジン、グリタゾンおよびグリタザールからなる群より選択される少なくとも1種である、請求項15に記載のPPAR活性化剤の使用。

【請求項17】
 
上記フィブラートが、シプロフィブラートまたはゲムフィブロジルである、請求項16に記載のPPAR活性化剤の使用。

【請求項18】
 
上記チアゾリジンが、ロシグリタゾンである、請求項16に記載のPPAR活性化剤の使用。

【請求項19】
 
上記医薬は、点眼投与される、請求項15~18のいずれか1項に記載のPPAR活性化剤の使用。

【請求項20】
 
上記医薬は、点眼剤である、請求項15~19のいずれか1項に記載のPPAR活性化剤の使用。

【請求項21】
 
上記白内障は、糖尿病白内障である、請求項15~20のいずれか1項に記載のPPAR活性化剤の使用。

【請求項22】
 
シプロフィブラートを有効成分として含有する、点眼剤。

【請求項23】
 
ゲムフィブロジルを有効成分として含有する、点眼剤。

【請求項24】
 
ロシグリタゾンを有効成分として含有する、点眼剤。

【請求項25】
 
白内障の予防および/または治療のための、請求項22~24のいずれか1項に記載の点眼剤。

【請求項26】
 
上記白内障は、糖尿病白内障である、請求項25に記載の点眼剤。

【請求項27】
 
上記白内障は、加齢白内障である、請求項25に記載の点眼剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2019562179thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close