TOP > 国内特許検索 > 重合体

重合体 新技術説明会

国内特許コード P210017467
整理番号 190031JP01,S2019-0546-N0
掲載日 2019年7月9日
出願番号 特願2019-126457
公開番号 特開2021-011541
出願日 令和元年7月5日(2019.7.5)
公開日 令和3年2月4日(2021.2.4)
発明者
  • 兼橋 真二
  • 荻野 賢司
  • 下村 武史
出願人
  • 国立大学法人東京農工大学
発明の名称 重合体 新技術説明会
発明の概要 【課題】動的粘弾性の経時変化が抑制された重合体を提供する。
【解決手段】アリルカルダノール(A)と、チオール化合物(B)との重合体であり、ジスルフィド結合を有し、532nmのレーザー光を照射したときのラマンシフト1450cm-1におけるピーク強度〔I(1450)〕に対するラマンシフト530cm-1におけるピーク強度〔I(530)〕の比〔I(530)/I(1450)〕が0.10以上である重合体。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要

現在、地球温暖化対策として化石燃料の使用量の削減や再生可能エネルギーの導入などが求められている。バイオベースポリマーはカーボンニュートラルという特性を持ち、石油を出発原料とするプラスチックに代替することで石油資源の消費削減、温室効果ガスの排出削減といった効果が期待されている
ここで、バイオベースポリマーの一つとして、カシューナッツの外殻から抽出される非可食なフェノール性の植物油(以下、「CNSL」ともいう。)が、主に塗料、接着剤や樹脂の原料として工業的に利用されている。CNSLの工業的利用例として、フェノール樹脂をはじめ、エポキシ硬化剤、反応希釈剤、木工用塗料、ブレーキライニング用添加剤(フェノール樹脂パーティクル)があげられる。また、タイヤなどのエラストマーへの石油系フェノール樹脂の安価な代替添加剤としても検討されている。
例えば、非特許文献1では、ホルマリンや揮発性有機化合物(VOC)を用いない塗料の研究として、CNSLに含まれるカルダノールに対して、カルダノールの酸化カップリングにより硬化性プレポリマーを合成し、これにナフテン酸コバルトを加え、側鎖の二重結合を架橋させる方法により硬化物を得ることが開示されている。
また、同様に、ホルマリンやVOCを用いない塗料の研究として、非特許文献2及び非特許文献3では、エポキシ化カルダノールを熱重合することによりプレポリマーを合成し、アミンを加えて架橋させる方法により硬化物を得ることが開示されている。
また、非特許文献4では、CNSLを用いたUV硬化材料について、エポキシ化カルダノールを熱重合することによりプレポリマーを合成し、光カチオン重合開始剤を加え、UV照射する方法により得ることが開示されている。

産業上の利用分野

本発明は、重合体に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
アリルカルダノール(A)と、チオール化合物(B)との重合体であり、ジスルフィド結合を有し、532nmのレーザー光を照射したときのラマンシフト1450cm-1におけるピーク強度〔I(1450)〕に対するラマンシフト530cm-1におけるピーク強度〔I(530)〕の比〔I(530)/I(1450)〕が0.10以上である重合体。

【請求項2】
前記アリルカルダノール(A)が有する炭素-炭素不飽和二重結合と、前記チオール化合物(B)が有するチオール基とをモル比で0.1:1.0~1.0:0.1として、前記アリルカルダノール(A)と前記チオール化合物(B)とを重合した請求項1に記載の重合体。

【請求項3】
チオール化合物(B)が、二官能チオール化合物、三官能チオール化合物、及び四官能チオール化合物からなる群から選択される少なくとも1つである請求項1又は請求項2に記載の重合体。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 公開
※ 国立大学法人東京農工大学では、先端産学連携研究推進センターにおいて、知的財産の創出・権利化・活用に取り組んでいます。上記の特許・技術の内容および導入に興味・関心がありましたら、当センターまでお気軽にお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close