TOP > 国内特許検索 > 形質転換体および当該形質転換体を用いた還元型リン化合物の有無の検出方法

形質転換体および当該形質転換体を用いた還元型リン化合物の有無の検出方法

国内特許コード P210017566
整理番号 (S2018-0428-N0)
掲載日 2021年5月10日
出願番号 特願2020-503650
出願日 平成31年3月1日(2019.3.1)
国際出願番号 JP2019008137
国際公開番号 WO2019168163
国際出願日 平成31年3月1日(2019.3.1)
国際公開日 令和元年9月6日(2019.9.6)
優先権データ
  • 特願2018-038036 (2018.3.2) JP
発明者
  • 廣田 隆一
  • 黒田 章夫
  • 本村 圭
出願人
  • 国立大学法人広島大学
発明の名称 形質転換体および当該形質転換体を用いた還元型リン化合物の有無の検出方法
発明の概要 亜リン酸に依存して増殖を行う様々な生物種の形質転換体および該形質転換体を用いた還元型リン化合物の有無の検出方法の実現を目的とする。リン酸輸送体タンパク質およびリン酸エステル輸送体タンパク質をコードする遺伝子の機能を欠損し、かつ、次亜リン酸輸送体タンパク質をコードする遺伝子が導入され、次亜リン酸結合タンパク質のシグナルペプチドが、宿主あるいは宿主に近縁な生物種のシグナルペプチドに置換されている、形質転換体を用いる。
従来技術、競合技術の概要

近年、多岐の用途に適用可能な遺伝子組み換え生物が作製されている。作製された遺伝子組み換え生物は、例えば、経口ワクチン剤、または、自然環境の改善などの目的に使用されることが期待されている。

その一方で、遺伝子組み換え生物を実際に用いる為には、いくつか条件がある。条件の1つとして、限定された場所のみにおいて増殖し、当該場所以外では増殖出来ない遺伝子組み換え生物(換言すれば、封じ込め効果の高い遺伝子組み換え生物)を作製する必要がある。このような遺伝子組み換え生物であれば、たとえ当該遺伝子組み換え生物が自然界に漏れ出たとしても、当該遺伝子組み換え生物が自然界で増殖することはできず、当該遺伝子組み換え生物によって自然界が汚染されることを防ぐことができる。

このような遺伝子組み換え生物を作製するための様々な方法が開発されている。方法の1つに、生物に対して、自然界には存在しない化合物に対する栄養要求性を付与する方法(合成栄養要求性(synthetic auxotrophy))がある。該方法を開示した具体例として、非特許文献1を挙げることができる。非特許文献1では、本発明者が、環境中にほとんど存在しない亜リン酸に依存して生育するように代謝を改変することで、世界最高レベルの封じ込め効果を示す、大腸菌の形質転換体の作製に成功している。

産業上の利用分野

本発明は、形質転換体および当該形質転換体を用いた還元型リン化合物の有無の検出方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
リン酸輸送体タンパク質をコードする遺伝子、および、リン酸エステル輸送体タンパク質をコードする遺伝子の機能を欠損し、かつ、次亜リン酸輸送体タンパク質をコードする遺伝子が導入されていることによって、リン酸を増殖に利用できず、かつ、亜リン酸を増殖に利用することができ、
上記次亜リン酸輸送体タンパク質では、当該次亜リン酸輸送体タンパク質の構成要素の1つである次亜リン酸結合タンパク質のシグナルペプチドが、宿主あるいは宿主に近縁な生物種に由来するシグナルペプチドに置換されている、形質転換体。

【請求項2】
更に、亜リン酸デヒドロゲナーゼタンパク質をコードする遺伝子が導入されていることを特徴とする請求項1に記載の形質転換体。

【請求項3】
更に、アルカリホスファターゼタンパク質をコードする遺伝子の機能が欠損していることを特徴とする請求項1または2に記載の形質転換体。

【請求項4】
上記形質転換体が、原核生物の形質転換体であることを特徴とする請求項1~3の何れか1項に記載の形質転換体。

【請求項5】
上記形質転換体が、シアノバクテリアの形質転換体であることを特徴とする請求項4に記載の形質転換体。

【請求項6】
検出対象である培地中の還元型リン化合物の有無の検出方法であって、
請求項1~5の何れか1項に記載の形質転換体を、検出対象である培地を用いて培養する培養工程と、
上記培養工程における上記形質転換体の増殖の有無を検出する検出工程と、を有することを特徴とする還元型リン化合物の有無の検出方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2020503650thum.jpg
出願権利状態 公開


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close