TOP > 国内特許検索 > うつ症状の予防、治療及び/又は緩和用組成物並びに運動量増加組成物

うつ症状の予防、治療及び/又は緩和用組成物並びに運動量増加組成物 (未公開特許出願) NEW 新技術説明会

国内特許コード P210017804
整理番号 P20-007(2)
掲載日 2021年7月9日
出願番号 特願2020-218866
出願日 令和2年12月28日(2020.12.28)
優先権データ
  • 特願2020-159283 (2020.9.24) JP
発明者
  • 出山 諭司
  • 金田 勝幸
出願人
  • 国立大学法人金沢大学
発明の名称 うつ症状の予防、治療及び/又は緩和用組成物並びに運動量増加組成物 (未公開特許出願) NEW 新技術説明会
発明の概要 未熟トマト成分トマチジンとその配糖体のトマチンに、抑うつ症状に対する予防効果と治療効果があることを発見した。また、トマチンは運動量増加作用や抗不安・抗強迫性障害作用も有することを見出した。これらの効果は、未熟トマト約半個分の摂取で得られる可能性がある。
国際特許分類(IPC)
参考情報 (研究プロジェクト等) 金沢大学医薬保健研究域薬学系 薬理学研究室
(有)金沢大学ティ・エル・オーは、金沢大学の研究者の出願特許を産業界へ技術移転することを主目的として、金沢大学の教官の出資により設立された技術移転機関です。
ご興味のある方は、下記「問合せ先」へ整理番号と共にご連絡願います。
なお、既に活用のお申し込み・お打合わせ等の段階に入っている場合もございますので、予めご承知おきください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close