TOP > クイック検索 > 国内特許検索 > 眼球運動測定装置、眼球運動測定方法及び眼球運動測定プログラム

眼球運動測定装置、眼球運動測定方法及び眼球運動測定プログラム

国内特許コード P210017871
整理番号 (S2018-0708-N0)
掲載日 2021年8月23日
出願番号 特願2020-525607
出願日 令和元年6月12日(2019.6.12)
国際出願番号 JP2019023226
国際公開番号 WO2019240157
国際出願日 令和元年6月12日(2019.6.12)
国際公開日 令和元年12月19日(2019.12.19)
優先権データ
  • 特願2018-111535 (2018.6.12) JP
発明者
  • 星野 聖
  • 小野 那由他
出願人
  • 国立大学法人筑波大学
発明の名称 眼球運動測定装置、眼球運動測定方法及び眼球運動測定プログラム
発明の概要 眼球運動測定装置は、被験者の眼球が撮像された眼球画像を取得する取得部と、取得部が取得する眼球画像に含まれる白目領域内の特徴点を抽出する特徴点抽出部と、眼球画像のうち、特徴点抽出部が抽出する特徴点の画素を含む領域であるテンプレート候補領域を、特徴点毎に生成する候補領域生成部と、候補領域生成部が生成する複数のテンプレート候補領域のうち、特徴点がより多く含まれているテンプレート候補領域を、テンプレート領域として選択する選択部と、選択部が選択するテンプレート領域を用いて、取得部が取得する眼球画像の動きを追跡することにより、被験者の眼球の回旋角度を少なくとも含む眼球三次元運動を測定する測定部とを備える。
従来技術、競合技術の概要

従来、例えばHMDを用いたVR画像による映像酔いや、3D酔いを定量化するために、眼球を撮像することによって眼球運動を計測する技術が開示されている(例えば、特許文献1を参照)。

産業上の利用分野

本発明は、眼球運動測定装置、眼球運動測定方法及び眼球運動測定プログラムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
被験者の眼球が撮像された眼球画像を取得する取得部と、
前記取得部が取得する前記眼球画像に含まれる白目領域内の特徴点を抽出する特徴点抽出部と、
前記眼球画像のうち、前記特徴点抽出部が抽出する前記特徴点の画素を含む領域であるテンプレート候補領域を、前記特徴点毎に生成する候補領域生成部と、
前記候補領域生成部が生成する複数の前記テンプレート候補領域のうち、前記特徴点がより多く含まれている前記テンプレート候補領域を、テンプレート領域として選択する選択部と、
前記選択部が選択する前記テンプレート領域を用いて、前記取得部が取得する前記眼球画像の動きを追跡することにより、前記被験者の眼球の回旋角度を少なくとも含む眼球三次元運動を測定する測定部と、
を備える眼球運動測定装置。

【請求項2】
前記候補領域生成部は、
前記特徴点抽出部が抽出する前記特徴点のうち、前記白目領域内の血管の位置に対応する特徴点として選択された前記特徴点毎に、前記テンプレート候補領域を生成する
請求項1に記載の眼球運動測定装置。

【請求項3】
前記特徴点抽出部は、
前記白目領域内の各画素の画素値について少なくともヒストグラム平坦化を含む統計処理を行うことにより、前記白目領域内の特徴点を抽出する
請求項1又は請求項2に記載の眼球運動測定装置。

【請求項4】
前記選択部は、
複数の前記テンプレート候補領域のうち、前記眼球画像内の互いに異なる複数の領域に対してマッチングする頻度がより少ない前記テンプレート候補領域を、前記テンプレート領域として選択する
請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の眼球運動測定装置。

【請求項5】
前記被験者の眼球を撮像することにより前記眼球画像を生成する撮像部
を更に備える請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の眼球運動測定装置。

【請求項6】
電磁波を前記被験者の眼球に対して照射する第1照射部と、
570ナノメートルより短い波長であって、かつ前記第1照射部が照射する電磁波の波長よりも短い波長の電磁波を前記被験者の眼球に対して照射する第2照射部と、
前記第1照射部と、前記第2照射部とのうちいずれか一方から電磁波を照射させる照射制御部と、
を更に備える請求項1から請求項5のいずれか一項に記載の眼球運動測定装置。

【請求項7】
被験者の眼球が撮像された眼球画像を取得する取得ステップと、
前記取得ステップにおいて取得される前記眼球画像に含まれる白目領域内の特徴点を抽出する特徴点抽出ステップと、
前記眼球画像のうち、前記特徴点抽出ステップにおいて抽出される前記特徴点の画素を含む領域であるテンプレート候補領域を、前記特徴点毎に生成する候補領域生成ステップと、
前記候補領域生成ステップにおいて生成される複数の前記テンプレート候補領域のうち、前記特徴点がより多く含まれている前記テンプレート候補領域を、テンプレート領域として選択する選択ステップと、
前記選択ステップにおいて選択される前記テンプレート領域を用いて、前記取得ステップにおいて取得される前記眼球画像の動きを追跡することにより、前記被験者の眼球の回旋角度を少なくとも含む眼球三次元運動を測定する測定ステップと、
を有する眼球運動測定方法。

【請求項8】
コンピュータに、
被験者の眼球が撮像された眼球画像を取得する取得ステップと、
前記取得ステップにおいて取得される前記眼球画像に含まれる白目領域内の特徴点を抽出する特徴点抽出ステップと、
前記眼球画像のうち、前記特徴点抽出ステップにおいて抽出される前記特徴点の画素を含む領域であるテンプレート候補領域を、前記特徴点毎に生成する候補領域生成ステップと、
前記候補領域生成ステップにおいて生成される複数の前記テンプレート候補領域のうち、前記特徴点がより多く含まれている前記テンプレート候補領域を、テンプレート領域として選択する選択ステップと、
前記選択ステップにおいて選択される前記テンプレート領域を用いて、前記取得ステップにおいて取得される前記眼球画像の動きを追跡することにより、前記被験者の眼球の回旋角度を少なくとも含む眼球三次元運動を測定する測定ステップと、
を実行させるための眼球運動測定プログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
  • 4C316AA01
  • 4C316AA07
  • 4C316AA21
  • 4C316AB16
  • 4C316FA20
  • 4C316FB05
  • 4C316FB21
  • 4C316FB23
  • 4C316FB26
  • 4C316FC28
  • 4C316FY02
  • 4C316FY10
  • 4C316FZ01
  • 5B087AE00 用途
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2020525607thum.jpg
出願権利状態 公開
この特許について質問等ある場合は、電子メールによりご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close