Top > Search of Japanese Patents > MAGNET ARRANGEMENT METHOD AND MAGNETIC INDUCTION METHOD

MAGNET ARRANGEMENT METHOD AND MAGNETIC INDUCTION METHOD commons

Patent code P020000209
File No. U1999P167
Posted date May 27, 2003
Application number P2000-060138
Publication number P2001-250715A
Patent number P3430253
Date of filing Mar 6, 2000
Date of publication of application Sep 14, 2001
Date of registration May 23, 2003
Inventor
  • (In Japanese)小林 猛
  • (In Japanese)新海 政重
  • (In Japanese)本多 裕之
  • (In Japanese)瀧 千智
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
Title MAGNET ARRANGEMENT METHOD AND MAGNETIC INDUCTION METHOD commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a magnet arrangement method through which an object reacting to magnetism can be moved to a prescribed location in a human body in a non-contact manner by remote control in a surgical treatment in which the deep part of a human body is treated and a magnetic induction method by the use of the same.
SOLUTION: Magnets 13 and 14 are arranged in a vertical direction, two sets of magnets 11, 12 and 15, 16 are arranged in a lateral direction, and magnets 17 and 18 are arranged in a longitudinal direction. The magnets 11 to 18 are arranged symmetrical to each other about the center O of a space formed by the magnets. The magnets 11, 12 and 15, 16 arranged in a lateral direction are line-symmetrical to each other about a horizontal line H that passes through the space center O. Furthermore, the magnets 11 to 16 are each so magnetized that their upper parts are N poles and lower parts S poles, and the magnets 17 and 18 are so magnetized that their upper parts are S poles and lower parts N poles.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、医療分野においては、磁気に感応する担体に薬剤を担持させ、これを磁力によって所定の空間に非接触で誘導する薬剤標的療法が提案されている。前記磁力は、所定の医療機器に取り付けられた磁石によって生ぜしめられるものである。
図1は、前記所定の医療機器に取り付けられた磁石の配置を示す図である。図1に示す磁石配置では、薬剤1を中心として、これを挟むようにして磁石1及び2が配置されている。磁力は磁束密度の空間変化によって発生し、その方向は磁束密度の低い方から高い方へ向かう。したがって、前記磁力は磁石の表面に向かってのみ発生する。このため、図1に示すような磁石配置においては、薬剤1は磁石2又は3に向かってのみ移動する。
一方、近年においては、高速輸送システムの一つとしてリニアモーターカーが研究開発されている。このリニアモーターカーの磁気浮上システムには、「超伝導磁気浮上式」と「常伝導磁気浮上式」の2つが現在提案されている。「超伝導磁気浮上式」は車両下部に取り付けられた超伝導磁石が、ガイドレールに取り付けられた電磁石と反発することによって、車両を浮上させるものである。これに対し、「常伝導磁気浮上システム」は、車両下部に取り付けられた浮上用マグネットが下方からガイドレールを吸引して車両を浮上させるものである。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、磁石配置方法及び磁気誘導方法に関し、さらに詳しくは、医療機器、電子機器、及びリニアモーターカーなどの磁気浮上システムなどにおいて、好適に使用することのできる磁石配置方法及び磁気誘導方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
空間中心に対し上下対称となるようにして、同一の極性方向を有する複数の第1の磁石を配置する工程と、
前記空間中心に対し左右対称となるようにして、前記第1の磁石の極性方向と同一の極性方向を有する複数の第2の磁石を配置する工程と、
前記空間中心に対し前後対称となるようにして、前記第1の磁石及び前記第2の磁石の極性方向と反対の極性方向を有する複数の第3の磁石を配置する工程とを具え、
前記第2の磁石は、前記空間中心を通る水平線に対して上下対称となるように配置した一対の磁石から構成し、
前記第1の磁石、前記第2の磁石、及び前記第3の磁石は、同一の保磁力及び同一の残留磁化を有し、
前記空間中心において磁束密度が極大となるようにしたことを特徴とする、磁石配置方法。

【請求項2】
 
空間中心に対し上下対称となるようにして、同一の極性方向を有する複数の第1の磁石を配置する工程と、
前記空間中心に対し左右対称となるようにして、前記第1の磁石の極性方向と同一の極性方向を有する複数の第2の磁石を配置する工程と、
前記空間中心に対し前後対称となるようにして、前記第1の磁石及び前記第2の磁石の極性方向と反対の極性方向を有する複数の第3の磁石を配置する工程とを具え、
前記第2の磁石は、前記空間中心を通る水平線に対して上下対称となるように配置した一対の磁石から構成し、
前記第1の磁石、前記第2の磁石、及び前記第3の磁石は、同一の保磁力及び同一の残留磁化を有し、
前記第1の磁石、前記第2の磁石、及び前記第3の磁石によって囲まれる空間内に磁気感応物質を配置し、前記第1の磁石、前記第2の磁石、及び前記第3の磁石によって生成された磁気力によって、前記磁気感応物質を前記空間中心に移動させるようにすることを特徴とする、磁気誘導方法。

【請求項3】
 
請求項1に記載の磁石配置方法によって配置した複数の磁石を具えることを特徴とする、磁石配置構造。

【請求項4】
 
請求項3に記載の磁石配置構造を具えることを特徴とする、医療機器。

【請求項5】
 
請求項3に記載の磁石配置構造を具えることを特徴とする、磁気浮上システム。

【請求項6】
 
請求項2に記載の磁気誘導方法を用いることを特徴とする、薬剤標的療法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000060138thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close