Top > Search of Japanese Patents > GENE CAUSING STRESS-INDUCED EXPRESSION

GENE CAUSING STRESS-INDUCED EXPRESSION commons foreign

Patent code P020000213
File No. P99-6
Posted date May 27, 2003
Application number P2000-071655
Publication number P2001-252084A
Patent number P3448610
Date of filing Mar 15, 2000
Date of publication of application Sep 18, 2001
Date of registration Jul 11, 2003
Inventor
  • (In Japanese)佐野 浩
  • (In Japanese)草野 友延
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
Title GENE CAUSING STRESS-INDUCED EXPRESSION commons foreign
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a new gene effective in the production of a plant which is resistant to environmental stress.

SOLUTION: C7 gene which is the new gene expressed by responding to injury, osmotic pressure, salt or cold stress and encoding a receptor-like protein, and a polypeptide encoded by the gene are imparted. The plant which is resistant to environmental stress can be produced by transducing the gene.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)植物のストレスに対する自己防御機構は、大まかに(1)ストレスの認識、(2)ストレスの情報の伝達、(3)ストレスに対する対応、の3段階に分けられる。第二、第三の過程については研究が進んでいるが、第一のストレス認識過程や、その過程と情報伝達とのつながりに
ついての知見は少ない。一般的に情報伝達の経路においては、上流因子が複数の下流因子を制御している。よって、認識過程を解析することにより、伝達の経路や対応の経路において、一度に複数の因子を効率良く制御できる方法が得られる可能性がある。
発明者らは、タバコを用いて傷害ストレス、浸透圧ストレス、塩ストレス及び低温ストレス(4℃)を与えることにより、誘導される遺伝子を探索した結果、C7遺伝子を得た。即ち、傷害45分後のタバコ葉よりRNAを抽出し、cDNAライブラリーを調製し、遺伝子断片C7-1をプローブとして陽性シグナルを得、C7遺伝子を単離して、C7遺伝子の全長の塩基配列を決定した。C7遺伝子の発現応答から考えて、この遺伝子の産物は外部ストレスを認識するセンサーであり、下流のストレス応答遺伝子の発現制御に関与している可能性があり、植物に導入することにより傷害、浸透圧、塩ストレス又は低温ストレスに強い植物を作出することが期待される。
Field of industrial application (In Japanese)環境ストレスに強い植物を作出するための、ストレスにより発現が誘導される遺伝子
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  以下の(a)または(b)に示すアミノ酸配列からなることを特徴とする、ポリペプチド。(a)配列表の配列番号1に示す、アミノ酸番号1-308で示されるアミノ酸配列からなることを特徴とする、ポリペプチド。(b)(a)のアミノ酸配列の一部が欠失、置換若しくは付加された、浸透圧ストレスに対する耐性を付与することができる、ポリペプチド。
【請求項2】
  請求項1記載のポリペプチドをコードする、遺伝子。
【請求項3】
  請求項1記載のポリペプチドをコードし、配列表の配列番号2に示す、塩基番号1-927で示される塩基配列からなることを特徴とする、遺伝子。
【請求項4】
  以下の(c)または(d)に示す塩基配列からなることを特徴とし、タバコに由来する、遺伝子。(c)配列表の配列番号3に示す、塩基番号1-1210で示される塩基配列からなることを特徴とする、遺伝子。(d)(c)の塩基配列の一部が欠失、置換若しくは付加された、浸透圧ストレスに対する耐性を付与することができるポリペプチドをコードする、遺伝子。
Industrial division
  • Microbial industry
  • Agriculture, forestry
  • Organic compound
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close