Top > Search of Japanese Patents > NUCLEIC ACID AND AMINO ACID SEQUENCE HAVING NEW p27Kip1 MOLECULAR SPECIES EXHIBITING RESISTIVITY TO PROTEASOME DEGRADATION AND EXPRESSION VECTOR AND EXPRESSION CELL FOR PROTEIN

NUCLEIC ACID AND AMINO ACID SEQUENCE HAVING NEW p27Kip1 MOLECULAR SPECIES EXHIBITING RESISTIVITY TO PROTEASOME DEGRADATION AND EXPRESSION VECTOR AND EXPRESSION CELL FOR PROTEIN

Patent code P020000224
File No. QPN00002
Posted date May 27, 2003
Application number P2000-076840
Publication number P2001-258561A
Patent number P3425620
Date of filing Mar 17, 2000
Date of publication of application Sep 25, 2001
Date of registration May 9, 2003
Inventor
  • (In Japanese)平野 勝也
Applicant
  • (In Japanese)九州大学長
Title NUCLEIC ACID AND AMINO ACID SEQUENCE HAVING NEW p27Kip1 MOLECULAR SPECIES EXHIBITING RESISTIVITY TO PROTEASOME DEGRADATION AND EXPRESSION VECTOR AND EXPRESSION CELL FOR PROTEIN
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a nucleic acid and an amino acid sequence having a new p27Kip1 molecular species exhibiting resistivity to proteasome degradation capable of being used for medical engineering fields aiming at a gene therapy for cell propagating lesions such as a cancer or an arteriosclerosis and an expression vector and an expression cell for the protein.

SOLUTION: This invention relates to the nucleic acid and the amino acid sequence having the new p27Kip1 molecular species exhibiting resistivity to proteasome degradation and the expression vector and the expression cell for the protein and the protein can stably be expressed to a bacterium, a yeast and an animal cell.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)p27Kip1は、サイクリン依存性キナーゼ・インヒビターとしての作用を有する蛋白質の一つである。p27Kip1が活性を阻害するサイクリン依存性キナーゼとは、活性にサイクリンを必要とするプロテインキナーゼであり、真核生物の細胞周期の進行に中心的な役割を果たしている。
従来公知のp27Kip1は一種のみであり、これは細胞周期のG1 期(DNA 合成準備期)からS 期(DNA 合成期)へ移行する際にプロテアソームにより分解されるため、上述の細胞周期の抑制作用は失われる。
このため、がんや動脈硬化巣などの細胞増殖性病変の治療を目指して病的細胞にp27Kip1遺伝子を導入する際に、p27Kip1従来種ではその発現が、長時間維持されないことが問題であった。
Field of industrial application (In Japanese)プロテアソーム分解に抵抗性を示す新規p27Kip1分子種の核酸及びアミノ酸配列と同蛋白質の発現ベクター及び発現細胞に関するもので、がんや動脈硬化巣などの細胞増殖性病変の遺伝子治療を目指した医療工学分野に利用可能である。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  配列番号1に記載されている塩基配列からなるポリヌクレオチド。
【請求項2】
  配列番号1に記載されている塩基配列の1~519位からなるポリヌクレオチド。
【請求項3】
  配列番号1に記載されている塩基配列の22~519位からなるポリヌクレオチド。
【請求項4】
  上流に開始コドンを付加された請求項2に記載のポリヌクレオチドによりコードされるアミノ酸配列を有する蛋白質。
【請求項5】
  請求項3に記載のポリヌクレオチドによりコードされるアミノ酸配列を有する蛋白質。
【請求項6】
  請求項2に記載のポリヌクレオチドを含有する組換えベクター。
【請求項7】
  請求項6に記載の組換えベクターを含む形質転換体。
Industrial division
  • Microbial industry
  • Organic compound
  • Drug
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

11614_01SUM.gif
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close