Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF DECOMPOSING AMMONIA GAS

METHOD OF DECOMPOSING AMMONIA GAS commons foreign

Patent code P020000228
File No. U1999P181
Posted date May 27, 2003
Application number P2000-072196
Publication number P2001-261302A
Patent number P3520324
Date of filing Mar 15, 2000
Date of publication of application Sep 26, 2001
Date of registration Feb 13, 2004
Inventor
  • (In Japanese)大塚 康夫
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東北大学
Title METHOD OF DECOMPOSING AMMONIA GAS commons foreign
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of decomposing ammonia gas by which ammonia gas can be decomposed with a sufficiently high efficiency at a low cost.

SOLUTION: This method of decomposing ammonia gas is characterized in that a composite having a carrier substantially composed of carbon and at least one element supported on the carrier and selected from the group consisting of an alkaline earth metal and a transition metal is used as a catalyst to decompose ammonia gas into nitrogen gas.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)生成ガスからのアンモニアの除去は、通常、触媒を用いてアンモニアガスを分解することにより行われる。従来、そのような触媒としては、鉄を含むドロマイト、鉄鉱石の焼結物、及び石灰石などの使い捨て可能な材料が検討されてきたが、これら材料では十分な分解効率を実現することができない。そこで、アルミナなどにNi やRu などのVIII 族遷移元素をベースとした触媒を用いることが提案されている。この触媒によれば、比較的高い効率でアンモニアを分解することができる。しかし、このようなVIII 族遷移元素をベースとした触媒は高価である。そのため、アンモニアガスを大量に分解処理するには不向きである。
Field of industrial application (In Japanese)安価に高い効率で石炭のガス化プロセスで発生するアンモニアガスを分解することを可能とするアンモニアガスの分解方法を提供する。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  アルカリ土類金属及び遷移金属から選ばれる少なくとも1種の元素を含有する有機材料或いはアルカリ土類金属及び遷移金属から選ばれる少なくとも1種の元素と有機材料との混合物を加熱して前記有機材料の熱分解を生じさせることにより得られ且つ実質的に炭素からなる担体と前記担体に担持されアルカリ土類金属及び遷移金属からなる群より選ばれる少なくとも1種の元素とを備えた複合体を触媒として用いてアンモニアガスを窒素ガスへと分解することを特徴とするアンモニアガスの分解方法。
【請求項2】
  前記アンモニアガスの分解を500~1200℃の温度条件下で行うことを特徴とする請求項1に記載のアンモニアガスの分解方法。
【請求項3】
  前記アンモニアガスの分解を0.1~10MPaの圧力条件下で行うことを特徴とする請求項1または請求項2に記載のアンモニアガスの分解方法。
【請求項4】
  前記複合体はアルカリ土類金属元素を含有したことを特徴とする請求項1ないし請求項3のいずれか1項に記載のアンモニアガスの分解方法。
【請求項5】
  前記複合体は遷移金属元素を含有したことを特徴とする請求項1ないし請求項4のいずれか1項に記載のアンモニアガスの分解方法。
Industrial division
  • Inorganic compound
  • Miscellaneous in the inorganic chemistry category
  • Heating and cooling
  • Exhaust treatment
  • Waste treatment
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close