Top > Search of Japanese Patents > FREQUENCY VARIATION MEASURING INSTRUMENT

FREQUENCY VARIATION MEASURING INSTRUMENT commons foreign

Patent code P020000255
File No. U1999P159
Posted date May 27, 2003
Application number P2000-098871
Publication number P2001-281276A
Patent number P3355370
Date of filing Mar 31, 2000
Date of publication of application Oct 10, 2001
Date of registration Oct 4, 2002
Inventor
  • (In Japanese)山内 常生
Applicant
  • (In Japanese)学校法人名古屋大学
Title FREQUENCY VARIATION MEASURING INSTRUMENT commons foreign
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a frequency variation measuring instrument which eliminates the need for a thermostatic chamber for stabilizing the frequency output of a reference clock oscillator.

SOLUTION: This instrument comprises a frequency-dividing means 23 which divides the frequency of a measured signal 21 and outputs a frequency-divided signal 22, a 1st count means 25 which counts this frequency-divided signal 23 to calculate the frequency-division frequency 24, a frequency-division frequency transmitting means 26 which transmits the frequency-division frequency 24 in synchronism with the frequency-divided signal 22, a frequency-division frequency receiving means which receives the frequency-division frequency 24a from the frequency-division frequency transmitting means 26, a 2nd count means 37 which counts the frequency output of the reference clock oscillator 34 synchronized with a time clocking device 32 which clocks the standard time, a latch means 38 which latches the count value of the frequency output of the reference clock oscillator 34 according to the signal synchronized with the frequency- division frequency 24a, and an arithmetic processing means 39 which finds frequency variation according to the count value 36 and frequency-division frequency 24a.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)従来、測定対象の周波数変化を測定する方法として、変位変化に対応して電気容量が変化する容量変化型変位センサによる発振周波数の変化から、変位変化を測定する方法があった。
方法としては、1 )容量変化型変位センサの出力である周波数変化を分周してゲート時間を作成し、そのゲート時間内に基準クロックをカウントする方法や、2 )測定装置内部の基準クロックを分周してゲート時間を作成し、そのゲート時間内に容量変化型変位センサの出力である周波数変化をカウントする方法等がある。いずれの方法でも、容量変化型変位センサの周波数の変化をカウント値の変化に変換して測定し、測定したカウント値を用いて、演算により変位変化を求める。通常、これらの方法により、精度の高い周波数変化の測定を行うには、恒温漕を用いて基準クロックの周波数出力を安定化させなければならない。
Field of industrial application (In Japanese)この発明は、周波数変化に基づいて、電気的特性、光学的特性、流速流量、粘性、温度等の物理量の変化を測定する周波数変化測定装置に関するものである。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 物理量の変化に対応して周波数が変化する被測定信号を分周して分周信号を出力する分周手段と、
前記分周信号をカウントして分周回数を算出するカウント手段と、
前記分周回数を前記分周信号に同期して伝送する分周回数伝送手段と、
前記分周回数伝送手段から伝送された分周回数を受信し、この分周回数を出力する分周回数受信手段と、
基準クロックを発振させる基準クロック発振手段と、
前記分周回数受信手段からの前記分周回数の第1の出力タイミングと第2の出力タイミングの間のゲート時間における前記基準クロック発振手段のカウント値をカウントし、第1の出力タイミングにおける前記分周回数と第2の出力タイミングにおける前記分周回数の差を算出し、前記カウント値と前記分周回数の差に基づき前記被測定信号の周波数変化を求める演算手段と
を具備してなることを特徴とする周波数変化測定装置。

【請求項2】
 前記分周回数伝送手段から前記分周回数受信手段への分周回数の伝送は無線により行うことを特徴とする請求項1に記載の周波数変化測定装置。

【請求項3】
  物理量の変化に対応して周波数が変化する被測定信号を分周して分周信号を出力する分周手段と、
この分周信号をカウントして分周回数を算出するカウント手段と、
前記分周回数を前記分周信号に同期して伝送する分周回数伝送手段と、
前記分周回数伝送手段から伝送された分周回数を受信し、この分周回数を出力する分周回数受信手段と、
基準クロックを発振させる基準クロック発振手段の周波数出力のカウント値を前記分周回数受信手段の前記分周回数に同期してラッチするラッチ手段と、
第1及び第2の時刻について前記ラッチ手段でラッチされた前記カウント値の差を求め、このカウント値の差と第1及び第2の時刻の間の前記分周回数の差に基づき前記被測定信号の周波数変化を求める演算手段と
を具備してなることを特徴とする周波数変化測定装置。

【請求項4】
  前記基準クロック発振手段は、標準時間を刻時する刻時手段に同期して発振する周波数出力を有することを特徴とする請求項3に記載の周波数変化測定装置。

【請求項5】
  前記分周回数受信手段、前記ラッチ手段、前記演算手段を駆動する電源が設けられてなり、この電源は間欠的に電源を入れることが可能であることを特徴とする請求項3に記載の周波数変化測定装置。

【請求項6】
  前記被測定信号が複数であり、該複数の被測定信号にそれぞれ対応して前記分周手段、前記カウント手段及び前記分周回数伝送手段とを有し、これら複数の被測定信号から算出される分周回数を少なくとも1つの分周回数受信手段で受信することを特徴とする請求項3に記載の周波数変化測定装置。

【請求項7】
  前記分周手段、前記カウント手段及び前記分周回数伝送手段とが一体となって周波数分周部をなし、前記分周回数受信手段、前記ラッチ手段及び前記演算手段が一体となって周波数演算部をなし、
前記分周回数伝送手段から前記分周回数受信手段への分周回数の伝送は無線により行うことを特徴とする請求項3に記載の周波数変化測定装置。

【請求項8】
  前記演算処理手段の出力に基づいて前記電源のオンオフ制御をスケジュールするスケジューラを有することを特徴とする請求項7に記載の周波数変化測定装置。
Industrial division
  • Measurement
  • Clock
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

04263_01SUM.gif
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close