Top > Search of Japanese Patents > MIDKINE RECEPTOR, METHOD FOR SUPPRESSING SURVIVAL OF MIDKINE-DEPENDENT CELL AND METHOD FOR STIMULATING SURVIVAL OF MIDKINE-DEPENDENT CELL

MIDKINE RECEPTOR, METHOD FOR SUPPRESSING SURVIVAL OF MIDKINE-DEPENDENT CELL AND METHOD FOR STIMULATING SURVIVAL OF MIDKINE-DEPENDENT CELL commons

Patent code P020000264
File No. U2000P006
Posted date May 27, 2003
Application number P2000-115471
Publication number P2001-302696A
Patent number P3694731
Date of filing Apr 17, 2000
Date of publication of application Oct 31, 2001
Date of registration Jul 8, 2005
Inventor
  • (In Japanese)村松 喬
  • (In Japanese)村松 寿子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
Title MIDKINE RECEPTOR, METHOD FOR SUPPRESSING SURVIVAL OF MIDKINE-DEPENDENT CELL AND METHOD FOR STIMULATING SURVIVAL OF MIDKINE-DEPENDENT CELL commons
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To identify a cell surface molecule (receptor protein) having an activity to bind to midkine and deliver signals from the midkine.

SOLUTION: This midkine receptor which can bind to midkine, characterized by comprising a LDL receptor-related protein of about 500 kDa.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)
ミッドカインは、軸索の生存を促進し、好中球と神経細胞との遊走を促進し、胎児神経細胞や表皮細胞のフィブリノーゲン分解活性を有する、ヘパリン結合性の成長因子である。
これらの活性に対応するミッドカインの信号系は、ほとんど理解されていない。二つのクラスのトランスメンブランプロテオグリカンが、ミッドカインに対して高い親和性をもって結合することが知られている。即ち、シンデカンおよび受容体チロジンフォスファターゼζである。本発明者は、以前に、受容体チロジンフォスファターゼζが、ミッドカインに媒介された神経細胞の遊走に係わっていることを示している[Maede et al. (J. Biol. Chem.) 274, 12474- 12479 (1999)] 。ヘパリン硫酸塩プロテオグリカンのヘパリン様ドメインを認識することも、ミッドカインによって促進される軸索細胞の生存と、表皮細胞中のフィブリノーゲン分解活性の促進とに対して重要である。
Field of industrial application (In Japanese)
本発明は、ミッドカインと結合し得る受容体に関するものである。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  ミッドカインと結合し得る受容体であるLDL受容体関連蛋白質を、ミッドカインと結合させる方法であって、ヒトの生体内において行う場合を除く、前記方法。
【請求項2】
  ミッドカイン依存性の細胞生存を抑制するために、LDL受容体関連蛋白質との結合活性を有するヘパリン、EDTA及びRAP(受容体関連蛋白質)からなる群から選択された物質を添加することを特徴とする、ミッドカイン依存性の細胞生存を抑制する方法であって、ヒトの生体内において行う場合を除く、前記方法。
Industrial division
  • Organic compound
  • Drug
  • Microbial industry
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close