Top > Search of Japanese Patents > CULTURE BASE, CELLULAR TISSUE AND METHOD FOR PRODUCING THEM

CULTURE BASE, CELLULAR TISSUE AND METHOD FOR PRODUCING THEM commons meetings

Patent code P020000280
File No. 113
Posted date May 27, 2003
Application number P2000-140342
Publication number P2001-321157A
Patent number P3653543
Date of filing May 12, 2000
Date of publication of application Nov 20, 2001
Date of registration Mar 11, 2005
Inventor
  • (In Japanese)岩田 博夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title CULTURE BASE, CELLULAR TISSUE AND METHOD FOR PRODUCING THEM commons meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cellular assembly containing no contaminants such as a culture base, and to provide a method for producing such a cellular assembly.

SOLUTION: The culture base is characterized by comprising cellulose and a protein or peptide having cell adhesive effect. The method for producing a cellular tissue as cellular assembly is characterized by comprising culturing cells on a cell culture base made by immobilizing a protein or peptide onto cellulose followed by removing the cellulose by the action of cellulase.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)
バイオ関連産業で付着性の動物細胞が多量に培養されている。この細胞を継代培養するときには、細胞と培養基材との間に存在する細胞接着タンパク質をタンパク分解酵素で消化分解することによって、細胞を基材から遊離させている。従来から、ポリスチレンなどの極めて安定な材料からなる培養基材が多用されている。
【0002】
また、近年、注目されている組織工学では、細胞から擬似組織を作製し、これを治療に用いている。例えば、バイオ人工皮膚では、表皮細胞シートを培養基材から剥がす場合には、やはりタンパク質分解酵素であるディスパーゼが用いられている。
【0003】
表皮細胞シートを非酵素的に回収する方法として、N-イソプロピルアクリルアミド等の感温性高分子を表面グラフトした培養基材が知られている。この方法は、基材の細胞接着能をコントロールすることで細胞を培養基材から遊離させているため、細胞を基材表面から剥がすのに優れた方法である。
【0004】
また、現在では、ポリグリコール酸やポリ乳酸などの生体内吸収性の高分子から3次元の培養基材を作製し、この培養基材に細胞を播種、さらに増殖させる細胞組織体の製造方法が知られている。生体内吸収性高分子は一定期間経過後、分解されて消失するため、細胞のみからなる3次元組織体となる。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  タンパク質又はペプチドをセルロースに固定化させた細胞培養基材上で細胞を培養し、セルラーゼにより前記セルロースを除去することを特徴とする細胞組織体の製造方法。
【請求項2】
  タンパク質が、フィブロネクチン、ビトロネクチン、ラミニン、テイネシン、トロンボスポンジン、エンタクチン、オステオポンチン、フォンビルブラント因子、フィブリノーゲン、コラーゲン、ゼラチン及びエラスチンからなる群から選択される少なくとも1種である請求項1記載の方法。
【請求項3】
  ペプチドが、アルギニン-グリシン-アスパラギン酸-セリン、アルギニン-グリシン-アスパラギン酸、ロイシン-アスパラギン酸-バリン、アルギニン-グルタミン酸-アスパラギン酸-バリン、アスパラギン酸-グリシン-グルタミン酸-アラニン、グルタミン酸-イソロイシン-ロイシン-アスパラギン酸-バリン、グリンシン-プロリン-アルギニン-プロリン、リジン-グルタミン-アラニン-グリシン-アスパラギン酸-バリン、グルタミン酸-イソロイシン-ロイシン-アスパラギン酸-バリン、チロシン-イソロイシン-グリシン-セリン-アルギニン、及びバリン-グリシン-バリン-アラニン-プロリン-グリシンからなる群から選択される少なくとも1種であることを特徴とする請求項1記載の方法。
【請求項4】
  前記セルロースの形状が、平膜、中空糸、又は3次元構造物である請求項1記載の方法。
Industrial division
  • Microbial industry
  • High polymer
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

12932_01SUM.gif
State of application right Right is in force
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close