Top > Search of Japanese Patents > ARTIFICIAL BONE MARROW AND METHOD FOR PROLIFERATING HEMOCYTE

ARTIFICIAL BONE MARROW AND METHOD FOR PROLIFERATING HEMOCYTE commons

Patent code P020000281
File No. U1999P176
Posted date May 27, 2003
Application number P2000-146102
Publication number P2001-321434A
Patent number P3421741
Date of filing May 18, 2000
Date of publication of application Nov 20, 2001
Date of registration Apr 25, 2003
Inventor
  • (In Japanese)大島 宣雄
  • (In Japanese)三好 浩稔
  • (In Japanese)テイン トゥン
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 筑波大学
Title ARTIFICIAL BONE MARROW AND METHOD FOR PROLIFERATING HEMOCYTE commons
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new artificial bone marrow capable of functioning even in a patient whose function of a bone marrow support cell layer is lowered and acting as a hematopoietic function.

SOLUTION: This new artificial bone marrow having a cell including a function of supporting a hematopoiesis is given to a carrier. Further, a method for proliferating a hemocyte comprises the steps of transplanting the bone marrow to an animal or a blood to circulate the blood into the bone marrow out of the animal body to proliferate a hematopoietic stem cell in the bone marrow, and further differentiating the hematopoietic stem cell to the hemocyte. The bone marrow can act as the hematopoietic function even in the patient whose function of the bone marrow support cell is lowered.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)血液には多種の細胞が存在し、酸素の輸送から抗体の産生まで、多様な機能を営んでいる。血液細胞の寿命には限りがあるので、常に再生産されている必要がある。この様に血液細胞の機能は多様であるが、全ての血液細胞は正常時には骨髄において産生され、骨髄中に存在する共通の造血幹細胞から生み出されている。造血幹細胞は多機能性であり、そこからいろいろな
最終分化をした血液細胞が作り出される。
よって、再生不良性貧血、白血病やリンパ組織の疾患のために造血機能が障害されている場合には造血幹細胞を移植することにより治療することが可能となる。その際に、骨髄や臍帯血に含まれている造血幹細胞移植、およびこれらの細胞と骨髄支持細胞の同時移植が近年行われ始めている。造血幹細胞移植等の従来の方法においては、通常は患者の血管内に直接細胞が移植されている。
しかし、造血機能障害などの治療の際には、患者自身の障害された造血機能を抑制するために化学療法や放射線治療が用いられ、これらの処置が患者自身の支持細胞層に障害を与えるために、支持細胞層は再生が困難であり、造血機能の再生も不十分であった。加えて、移植した造血系細胞が他の臓器に捕捉されるために骨髄に生着する細胞が少なく、更に骨髄細胞と一緒に移植できる支持細胞の量に限りがあるため、患者の造血機能を代行するには不十分であった。
Field of industrial application (In Japanese)この発明は、担体とその担体に担持して培養した造血を支持する機能を有する細胞を備える人工骨髄、及びその人工骨髄中において造血幹細胞を増殖させ、血球細胞へ分化させる過程により構成される、血球細胞の増殖方法に関するものである。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  担体、及び前記担体に担持して培養した造血を支持する機能を有する細胞を備える人工骨髄を、ヒトを除く動物に移植をすることにより又はヒトを除く動物の体外において当該人工骨髄中に血液を循環させることによって、前記人工骨髄中において造血幹細胞を増殖させ、更に当該造血幹細胞を血球細胞へ分化させる過程により構成される、血球細胞の増殖方法。
【請求項2】
  前記造血を支持する機能を有する細胞が骨髄支持細胞である、請求項1記載の血球細胞の増殖方法。
【請求項3】
  前記担体が微孔性の立体網状多孔質構造を有する粒子からなる、請求項1記載の血球細胞の増殖方法。
【請求項4】
  前記担体がポリビニルフォルマール樹脂である、請求項3記載の血球細胞の増殖方法。
Industrial division
  • Therapeutic hygiene
  • High polymer
  • Microbial industry
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close