Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DECOMPOSING ORGANIC COMPOUND

METHOD FOR DECOMPOSING ORGANIC COMPOUND commons

Patent code P020000286
File No. U2000P015
Posted date May 27, 2003
Application number P2000-155089
Publication number P2001-334262A
Patent number P3564532
Date of filing May 25, 2000
Date of publication of application Dec 4, 2001
Date of registration Jun 18, 2004
Inventor
  • (In Japanese)吉田 朋子
  • (In Japanese)田辺 哲朗
  • (In Japanese)吉田 寿雄
  • (In Japanese)服部 忠
Applicant
  • (In Japanese)学校法人名古屋大学
Title METHOD FOR DECOMPOSING ORGANIC COMPOUND commons
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for decomposing organic compounds which can decompose/detoxify the compounds in a solution without isolating/removing them.

SOLUTION: In the method, the organic compounds in the aqueous solution are decomposed by being irradiated with radiation in the presence of a solid material. The solid material emits secondary electrons and/or light by being irradiated with the radiation.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)
近年、内分泌攪乱物質(環境ホルモン)など有機化合物の生体への影響が大きな問題となっている。このため、生体への影響を低減化すべく有機化合物の分解、無害化が研究されている。
例えば、TiO2(二酸化チタン)をはじめとする光触媒を利用した排水中の有害物質の分解が知られている。
Field of industrial application (In Japanese)
本発明は、有機化合物の分解方法に関し、特に、放射線を利用した有機化合物の分解方法に関する。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 水溶液中に溶解した有機化合物を、金属を含む固体材料の存在下において、X線及び/又はγ線を照射することにより得られる二次電子又は光によって分解することを特徴とする有機化合物の分解方法。
【請求項2】
 さらに、前記X線及び/又はγ線の照射自体によって、前記有機化合物を分解することを特徴とする請求項1記載の有機化合物の分解方法。
【請求項3】
 金属を含む固体材料が、放射線を照射することにより二次電子及び/又は光を放出する材料であることを特徴とする請求項1又は2項に記載の方法。
【請求項4】
 金属が、鉄、銅、アルミニウム、ニッケル、モリブデン、タングステン、鉛、白金、金、及びその他の希土類元素からなる群から選択される少なくとも1種である請求項1~3項のいずれか1項に記載の方法。
【請求項5】
 前記X線及び/又はγ線が、放射性廃棄物由来のものであることを特徴とする請求項1~4項のいずれか1項に記載の方法。
Industrial division
  • Treatment operation
  • Atomic energy
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close