Top > Search of Japanese Patents > CATALYST ACTIVITY EVALUATION DEVICE

CATALYST ACTIVITY EVALUATION DEVICE commons

Patent code P020000302
File No. U2000P009
Posted date May 27, 2003
Application number P2000-188728
Publication number P2002-005918A
Patent number P3390916
Date of filing Jun 23, 2000
Date of publication of application Jan 9, 2002
Date of registration Jan 24, 2003
Inventor
  • (In Japanese)山田 宗慶
  • (In Japanese)小俣 光司
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東北大学
Title CATALYST ACTIVITY EVALUATION DEVICE commons
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To evaluate reaction activities of plural catalysts simultaneously in the same conditions (the temperature, the pressure, the gas flow velocity) as used in an actual process, and to measure the, catalyst activities effectively.

SOLUTION: In this catalyst activity evaluation device, a reaction vessel comprises a pressure-adjustable pressure-tight stainless vessel body in which many catalyst samples are placed inside, and a heating part for heating the catalysts up to a uniform temperature, and reaction gas is subjected to a catalyst reaction during passage through each catalyst sample, and a catalyst reaction gas lead-out part comprises lines for leading out catalyst reaction gases from each catalyst sample respectively, and a reaction outlet gas control part comprises a gas flow velocity controller for keeping constant gas flow velocities of reaction product gases led out from each catalyst sample through the lines, and a switching part for conducting only one line from among many lines into a product detection part.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)触媒は多様な化学プロセスで用いられており、そのプロセスの優劣を決めてしまうため種々の方法により最適化が行われる。その際、従来の触媒評価装置では単一の触媒を一つずつしか評価できなかったために最適化には多大の時間を要した。このような問題点を解決するためにB.Jandeleit,Angew.Chem.Int.Ed.,vo1.38,pp2494-2532,1999 に見られるように、多数の触媒の評価を同時に行うことができるよう、種々の試みが行われている。これらの装置によれば、多数の触媒の評価を行うことはできるが、触媒の活性を測定する際の、温度、圧力、ガス流速といった条件が、実際に触媒が使用される条件と大幅に異なってしまうという問題点がある。そのため、最適と判断された触媒はあくまで最適触媒候補にしかすぎず、実際の反応条件下で再度試験を行わなくてはならなかった。
Field of industrial application (In Japanese)この発明は、複数の触媒の反応活性を効率良く測定するための触媒活性評価装置に関するものである。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  反応ガス導入部と、反応ガス導入部を介して導入される反応ガスの流量を制御する反応容器入口ガス制御部、反応ガスが導入される反応容器、触媒反応ガス導出部と、反応容器から触媒反応ガス導出部に導出される触媒反応ガスの流量を制御する反応容器出口ガス制御部と、触媒反応生成物の同定を行う触媒反応生成物検出部よりなる触媒活性評価装置であって、該反応容器は圧力調節可能な耐圧式で、かつ多数の触媒サンプルを内部に設置するステンレス製容器本体と、触媒の温度を均一に加熱する加熱部からなり、反応ガスは各触媒サンプルを通される間に触媒反応を受けるようにされ、該触媒反応ガス導出部は各触媒サンプルから触媒反応ガスをそれぞれ導出するラインからなり、該反応出口ガス制御部は各触媒サンプルから該ラインを介して導出される反応生成ガスのガス流速を一定に保つガス流速制御器と多数のラインのうち一つのラインだけを生成物検出部へ導通させる切替部よりなる触媒活性評価装置。
Industrial division
  • (In Japanese)試験、検査
  • Miscellaneous in the inorganic chemistry category
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close