Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR CONTROLLING LUMINESCENT COLOR OF LIGHT- EMITTING DIODE

METHOD FOR CONTROLLING LUMINESCENT COLOR OF LIGHT- EMITTING DIODE meetings

Patent code P03A000301
File No. Y00-P227
Posted date Aug 28, 2003
Application number P2001-034750
Publication number P2002-237619A
Patent number P4027609
Date of filing Feb 13, 2001
Date of publication of application Aug 23, 2002
Date of registration Oct 19, 2007
Inventor
  • (In Japanese)小豆畑 敬
  • (In Japanese)本間 健史
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人弘前大学
Title METHOD FOR CONTROLLING LUMINESCENT COLOR OF LIGHT- EMITTING DIODE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for controlling the luminescent color of a light- emitting diode by which a light can be emitted from one light-emitting source, making compact size to be realized and the luminescent color be controlled easily.
SOLUTION: A pulse current, having a plurality of peak current values, is given to a light-emitting diode whose emission wavelength varies by changing the current value, so that a luminescent color can be controlled.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


発光ダイオード(LED)は通常、使用する半導体材料や構造で発光の色相が決まっている。フルカラーLEDと呼ばれるものは、青、緑、赤のLEDチップを一つのパッケージに実装し、各々のチップに流す電流を調整していろいろな色相の発光を得るものである。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、発光ダイオードの発光色制御方法に係り、適当なパルス電流を流して同一点から複数の波長の光を放射させ、それらを混ぜ合わせることにより発光色を制御するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
電流値を増やすことによって発光波長が連続的に短波長側に変わる一枚のGaN系発光ダイオードチップに大きさが異なる複数のピーク電流値を持ち、かつ幅が異なるパルス電流を流すことにより、発光色を制御するとともに、前記各パルス電流に対応する光の発光波長をピーク電流値で、発光強度をパルス幅及びパルス数で制御することを特徴とする発光ダイオードの発光色制御方法。

【請求項2】
 
請求項1記載の発光ダイオードの発光色制御方法において、前記各パルス電流に時間差を与えることにより、色を混ぜ合わせることを特徴とする発光ダイオードの発光色制御方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001034750thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close