Top > Search of Japanese Patents > PESTICIDE REMOVING AGENT COMPRISING SPHEROZOME- CONTAINING SUBSTANCE AND METHOD FOR REMOVING PESTICIDE

PESTICIDE REMOVING AGENT COMPRISING SPHEROZOME- CONTAINING SUBSTANCE AND METHOD FOR REMOVING PESTICIDE achieved

Patent code P03A000045
File No. Y00-P118
Posted date Aug 28, 2003
Application number P2000-219231
Publication number P2002-035158A
Patent number P3731149
Date of filing Jul 19, 2000
Date of publication of application Feb 5, 2002
Date of registration Oct 21, 2005
Inventor
  • (In Japanese)足立 昌子
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title PESTICIDE REMOVING AGENT COMPRISING SPHEROZOME- CONTAINING SUBSTANCE AND METHOD FOR REMOVING PESTICIDE achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a pesticide removing agent which has good operability and safety and effectively utilizes waste being advantageous in cost and a method for removing a pesticide.
SOLUTION: A water-insoluble pesticide removing agent comprising a spherozome or comprising a spherozome-containing substance is provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


環境中に色々な形で入り込む化学物質は、そのままの形でまた予想もつかない形(化学反応などにより変化して)で、そこで生育し、生息している多くの植物および動物に対して、大きな影響を与えて来た。その中には人も含まれることは言うまでもない。前記のような化学物質中には、本来人間の日常生活を豊かにしようとして使われてきた化学物質が含まれていることが、環境汚染物質の問題をより複雑、深刻にしている。
農薬は、農作物や農産物に被害を与える生物を防除する目的などで利用されてきたが、多くの自然観察の中で、生物の住む環境の汚染を引き起こし、そこに生息する生物に対し色々な異常を発現させ、食物連鎖の中で、知らず知らずの内に、かつ徐々に人間を含む生物系への影響をじわじわと及ぼし、ようやく綿密な自然観察の中で大きな警鐘となってきた。
しかし、そのような事態に気づいたときには、既に有害と認められる化学物質は自然界に放出され、また貯蔵されており、それら無害化処理には、過去の生産に要した以上の、技術開発および時間が必要であることが認識されている。



このような中で、該有害性が確認され、種々の形で自然界などに放出された化学物質を除去、無害化する手段の開発研究がされている、そのような中には、微生物を利用するもの、触媒を用いるもの、オゾンや超臨界条件など化学反応を利用するもの、焼却や熱分解など物理化学的手段などを用いるものなどがあるが、装置が大がかりであったり、扱う物質の危険性、処理中に起こる複雑な反応などもあって作業性などの点で問題があった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、スフェロゾーム含有物質を用いた被処理物から非水溶性農薬を除去する方法に関する。ここで、農薬とは、農薬取締法で義務づけられている「農薬」と表示され、または農薬として登録されたものである。また、非水溶性農薬とは、水への熔解性が20mg/L以下の農薬をいう。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 スフェロゾームを含有する非水溶性農薬除去剤。
【請求項2】
 スフェロゾーム含有物質が植物由来の廃棄物であることを特徴とする請求項1に記載の非水溶性農薬除去剤。
【請求項3】
 植物由来のスフェロゾーム含有廃棄物が食品加工製造工程からのものであることを特徴とする請求項2に記載の非水溶性農薬除去剤。
【請求項4】
 食品加工製造工程からのスフェロゾーム含有廃棄物が精穀時、搾油時に発生する物、大豆カスからなる群から選択される少なくとも一種からなることを特徴とする請求項3に記載の非水溶性農薬除去剤。
【請求項5】
 スフェロゾームを含有する非水溶性農薬除去剤は、多孔質ブロック状、顆粒状に成形されていることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の非水溶性農薬除去剤。
【請求項6】
 非水溶性農薬を含む被処理物とスフェロゾームを含有する非水溶性農薬除去剤をペースト状にして処理することを特徴とする非水溶性農薬を除去被処理物から除去する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000219231thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close