Top > Search of Japanese Patents > ASYMMETRIC MOLECULAR MAGNET AND ITS MANUFACTURING METHOD

ASYMMETRIC MOLECULAR MAGNET AND ITS MANUFACTURING METHOD

Patent code P03A000206
File No. U1999P139
Posted date Aug 28, 2003
Application number P2000-042970
Publication number P2001-237113A
Patent number P3271009
Date of filing Feb 21, 2000
Date of publication of application Aug 31, 2001
Date of registration Jan 25, 2002
Inventor
  • (In Japanese)井上 克也
Applicant
  • (In Japanese)大学共同利用機関法人自然科学研究機構
Title ASYMMETRIC MOLECULAR MAGNET AND ITS MANUFACTURING METHOD
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a single-crystal asymmetric molecular magnet having magnetism, optical activity, colored transparency, a relatively high transition temperature, etc.

SOLUTION: This asymmetric molecular magnet is composed of a single crystal expressed by general formula of [Mn(L)]3[Cr(CN)6]2.4H2O (where, L represents an optically active (R or S)-1,2-diamine, its derivative, optically active (R or S)-1,3-diamine, or its derivative).

Outline of related art and contending technology (In Japanese)不斉な分子磁石(磁性体)において、“磁気不斉二色性(Magneto-Chiral Dichroism”と名付けられた現象が起こることがG.Wagniere and Meier, Chemical Phys. Lett.,93, pp.78-81(1982), G.Wagniere, Chemical Phys. Lett.,110, pp.546-550(1984) およびL.D.Barron, J.Vrbannich, Mol. Phys., 51, pp.715-730(1984)に報告されている。これらの報告には、実際の物質について言及されず、理論のみが述べられている。すなわち、“磁気不斉二色性”は磁気光学効果の一種で例えば結晶の吸光度、発光強度が結晶の磁化の向きと光の進行方向によって制御できる特性を示す。したがって、磁場の向きで光学特性を制御できるために光通信分野、光学分野等において多くの応用が期待されている。一方、特開平9-246044号公報には光照射により磁気特性が変化したり、光照射後の磁気特性が温度変化により可変である特性を持つ、例えばコバルトー鉄シアノ錯体からなる分子磁性材料が開示されている。特開平10-32111号公報には、フェロ磁性を示す分子磁性材料の磁性イオン単位とフェリ磁性を示す分子磁性材料の磁性イオン単位を各々少なくとも1種以上有する、例えば(Fe0.4Mn0.61.6Cr(CN)6からなる分子磁性材料であって、光照射により磁気特性が可変である分子混合磁性材料が開示されている。特開平10-208924号公報には、一次元スピン配列方向とこれに交差する軸でスピン間相互作用が全く相反する結晶磁気異方性を有する、例えばマンガン(II)(テトラエトキシフェニルホルフィリン)テトラシアノエチレンからなる分子磁性材料が開示されている。
Field of industrial application (In Japanese)新規な不斉分子磁石およびその製造方法
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  一般式[Mn(L)]3[Cr(CN)62・4H2O(ただし、Lは光学活性(RまたはS)-1,2-ジアミンおよびその誘導体、光学活性(RまたはS)-1,3-ジアミンおよびその誘導体を示す)にて表される単結晶からなることを特徴とする不斉分子磁石。
【請求項2】
  前記一般式のLは、光学活性(S)-アラナミドであることを特徴とする請求項1記載の不斉分子磁石。
【請求項3】
  前記一般式のLは、光学活性(R,R)-ジアミノシクロヘキサンであることを特徴とする請求項1記載の不斉分子磁石。
【請求項4】
  前記一般式のLは、光学活性(R)-1,2-ジアミノプロパンであることを特徴とする請求項1記載の不斉分子磁石。
【請求項5】
  光学活性(RまたはS)-1,2-ジアミンおよびその誘導体、光学活性(RまたはS)-1,3-ジアミンおよびその誘導体から選ばれる光学活性のジアミン化合物に非酸化性雰囲気下で完全脱気溶媒を添加して溶解することによりジアミン化合物溶液を調製する工程と、マンガン塩に非酸化性雰囲気下で完全脱気溶媒を添加して溶解することによりマンガン塩溶液を調製した後、このマンガン塩溶液を非酸化性雰囲気下で前記ジアミン化合物溶液に添加して混合する工程と、ヘキサシアノクロム酸塩に非酸化性雰囲気下で完全脱気溶媒を添加して溶解することによりヘキサシアノクロム酸塩溶液を調製した後、このヘキサシアノクロム酸塩溶液を非酸化性雰囲気下で前記混合溶液に添加し、混合、反応させ、さらに室温下で放置することにより一般式[Mn(L)]3[Cr(CN)62・4H2O(ただし、Lは光学活性(RまたはS)-1,2-ジアミンおよびその誘導体、光学活性(RまたはS)-1,3-ジアミンおよびその誘導体を示す)にて表される単結晶を析出する工程とを具備したことを特徴とする不斉分子磁石の製造方法。
【請求項6】
  前記完全脱気溶媒は、完全脱気純水であることを特徴とする請求項5記載の不斉分子磁石の製造方法。
【請求項7】
  前記マンガン塩は、塩化マンガン(II)水和物または過塩素酸マンガン(II)水和物であることを特徴とする請求項5記載の不斉分子磁石の製造方法。
【請求項8】
  前記ヘキサシアノクロム酸塩は、ヘキサシアノクロム酸カリウムであることを特徴とする請求項5記載の不斉分子磁石の製造方法。
Industrial division
  • Magnetic material
  • Electric parts
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close