Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR REMOVING PHOSPHOR FROM WATER TO BE TREATED USING ELECTRIC FIELD

METHOD FOR REMOVING PHOSPHOR FROM WATER TO BE TREATED USING ELECTRIC FIELD meetings

Patent code P03A000441
File No. U2001P013
Posted date Aug 28, 2003
Application number P2001-175192
Publication number P2002-361258A
Patent number P3536092
Date of filing Jun 11, 2001
Date of publication of application Dec 17, 2002
Date of registration Mar 26, 2004
Inventor
  • (In Japanese)榊原 豊
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title METHOD FOR REMOVING PHOSPHOR FROM WATER TO BE TREATED USING ELECTRIC FIELD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method which is extremely simple in treating operation, adds no chemicals and efficiently removes and/or recovers phosphor.
SOLUTION: Electrodes are immersed in a vessel which has water to be treated therein, DC voltage is applied to the electrodes, cations are allowed to migrate and are accumulated, hydroxide ions are generated by electrolysis, and phosphate ions in the water to be treated are made to be a salt which is slightly soluble to water and is settled. Further, phosphor compounds/which are slightly soluble to water and are settled are recovered by backward washing, or the like.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の被処理水からのリンの除去方法としては、消石灰、鉄塩、アルミニウム塩等の凝集剤を添加する方法、粘土鉱物やアルミナ等の吸着剤を添加する方法、又は増殖中の微生物に吸収させる方法等があった。しかしながら、これらの方法は操作が煩雑で、汚泥発生量も多いため、実規模の水処理装置への適用例は少ない。一方、汚泥発生が少ないリンの除去方法としては、若干のカルシウム種晶を添加して、ヒドロキシアパタイトを析出させる方法があるが、実排水に対する処理安定性の問題等により実用化には至っていない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、被処理水からのリンの除去方法に関する。より具体的には、本発明は、被処理水に電場を形成させ水酸化物イオンを蓄積させるか、電気分解することにより水酸化物イオンを発生させ、被処理水中のリン酸イオンを水に難溶性の塩にして沈殿させることを特徴とするリンの除去方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被処理水を入れた槽内に多重電極を浸漬し、該多重電極に直流電圧を印加して該被処理水中の陽イオンの泳動及び/又は電気分解により水酸化物イオンを発生させ、該被処理水中のリン酸イオンを水に難溶性の塩にして沈殿させるリンの除去方法であって、
前記多重電極が、陽極1枚に対して陰極を複数枚設置して操作するものであり、
前記多重電極が、多孔質状又はメッシュ状であることを特徴とするリンの除去方法。

【請求項2】
 
前記槽内に粒状固体を充填することを特徴とする請求項1に記載のリンの除去方法。

【請求項3】
 
前記槽に被処理水を流通させつつ、陽イオンの泳動、蓄積及び/又は電気分解を行うことを特徴とする請求項1又は2のいずれかに記載のリンの除去方法。

【請求項4】
 
前記粒状固体が、砂、ガラスビーズ又は貝であることを特徴とする請求項2に記載のリンの除去方法。

【請求項5】
 
前記被処理水がカルシウムイオン及び/又はマグネシウムイオンを含有することを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載のリンの除去方法。

【請求項6】
 
前記被処理水から除去されたリン化合物を、逆洗により回収することを特徴とする請求項2又は4に記載のリンの除去方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001175192thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close