Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS AND METHOD FOR ESTIMATING MAGNETIC RECORDING MEDIUM AND PROGRAM EXECUTED BY COMPUTER

APPARATUS AND METHOD FOR ESTIMATING MAGNETIC RECORDING MEDIUM AND PROGRAM EXECUTED BY COMPUTER

Patent code P03A000452
File No. U2001P024
Posted date Aug 28, 2003
Application number P2001-190855
Publication number P2003-006847A
Patent number P3477519
Date of filing Jun 25, 2001
Date of publication of application Jan 10, 2003
Date of registration Oct 3, 2003
Inventor
  • (In Japanese)長谷山 美紀
  • (In Japanese)武笠 幸一
  • (In Japanese)武隈 育子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人北海道大学
Title APPARATUS AND METHOD FOR ESTIMATING MAGNETIC RECORDING MEDIUM AND PROGRAM EXECUTED BY COMPUTER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To properly perform the estimation in a recording region at a relatively high-density, on a magnetic recording medium.
SOLUTION: A binarizing part 1 binarizes an MFM(magnetic force microscopy) observation image of the magnetic recording medium using a threshold value, and extracts a positive or negative magnetic pole region. A thinning part 2 thins the magnetic pole region. A conversion part 3 performs the Hough transformation for the thinned magnetic pole region. A characteristic acquisition part 4 performs a quantitative analysis about the directivity of a magnetic pole distribution. An estimation part 5 estimates PE(partial erasure) in the high-density region of the magnetic recording medium.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、媒体の記録密度を評価するに当たり、例えば、武隈育子、安井、雅彦、奥村善信、秋田憲、末岡和久、長谷山美紀及び武笠幸一による日本応用磁気学会誌,22,No.9,1251(1998)で提案されているように、ビット領域に与える磁化の揺らぎの度合いを評価するパラメータL/Wの値を用いている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、磁気記録媒体(以下、「媒体」という。)の観察像を用いて媒体の記録密度を評価する磁気記録媒体の評価装置及び方法並びにコンピュータによって実行されるプログラムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
磁気記録媒体の観察像の磁極領域を抽出する手段と、
その磁性領域の磁化状態を解析する手段と、
その磁化状態に基づいて、前記磁気記録媒体の比較的高い密度の領域のPE生成確率の評価を行なう手段とを具え、
前記磁極領域を抽出する手段が、
前記観察像を2値化して、正又は負の磁極領域を抽出する手段と、
その正又は負の磁極領域の細線化を行なう手段とを有することを特徴とする磁気記録媒体の評価装置。

【請求項2】
 
前記磁化状態を解析する手段が、
前記磁極領域の磁極分布の方向性を解析する手段を有することを特徴とする請求項1記載の磁気記録媒体の評価装置。

【請求項3】
 
磁気記録媒体の観察像の磁極領域を抽出するステップと、
その磁性領域の磁化状態を解析するステップと、
その磁化状態に基づいて、前記磁気記録媒体の比較的高い密度の領域のPE生成確率の評価を行なうステップとを具え、
前記磁極領域を抽出するステップが、
前記観察像を2値化して、正又は負の磁極領域を抽出するステップと、
その正又は負の磁極領域の細線化を行なうステップとを有することを特徴とする磁気記録媒体の評価方法。

【請求項4】
 
前記磁化状態を解析するステップが、
前記磁極領域の磁極分布の方向性を解析するステップを有することを特徴とする請求項3記載の磁気記録媒体の評価方法。

【請求項5】
 
磁気記録媒体の観察像の磁極領域を抽出するステップと、
その磁性領域の磁化状態を解析するステップと、
その磁化状態に基づいて、前記磁気記録媒体の比較的高い密度の領域のPE生成確率の評価を行なうステップとを具え、
前記磁極領域を抽出するステップが、
前記観察像を2値化して、正又は負の磁極領域を抽出するステップと、
その正又は負の磁極領域の細線化を行なうステップとを有することを特徴とするコンピュータによって実行される磁気記録媒体の評価プログラム。

【請求項6】
 
前記磁化状態を解析するステップが、
前記磁極領域の磁極分布の方向性を解析するステップを有することを特徴とする請求項5記載のコンピュータによって実行される磁気記録媒体の評価プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001190855thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close