Top > Search of Japanese Patents > THEOBROMINE SYNTHASE POLYPEPTIDE OF PLANT OF GENUS COFFEA AND GENE ENCODING THE SAME POLYPEPTIDE

THEOBROMINE SYNTHASE POLYPEPTIDE OF PLANT OF GENUS COFFEA AND GENE ENCODING THE SAME POLYPEPTIDE commons

Patent code P03A000615
File No. P00-1
Posted date Aug 28, 2003
Application number P2000-307149
Publication number P2002-112785A
Patent number P3520328
Date of filing Oct 6, 2000
Date of publication of application Apr 16, 2002
Date of registration Feb 13, 2004
Inventor
  • (In Japanese)佐野 浩
  • (In Japanese)草野 友延
  • (In Japanese)小泉 望
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
Title THEOBROMINE SYNTHASE POLYPEPTIDE OF PLANT OF GENUS COFFEA AND GENE ENCODING THE SAME POLYPEPTIDE commons
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain an enzyme associated with biosynthesis of caffeine in order to obtain a caffeine-free coffee.

SOLUTION: A polypeptide of a theobromine synthase in Coffea arabica and a gene capable of encoding the polypeptide are obtained. The theobromine synthase in an enzyme associated with the biosynthesis of the caffeine and the caffeine-free coffee can be obtained by preparing a transformed plant with suppressed gene expression of the enzyme.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)コーヒーは、世界の至るところで愛好されている飲料であり、その有用性は非常に大きい。一方、コーヒーに含まれているカフェインは、コーヒーを過剰に摂取した場合に害を及ぼす原因となる物質である。カフェインはキサンチン誘導体の一種であり、キサンチン誘導体にはカフェインの他にテオフィリン、テオブロミンが含まれる。これらキサンチン誘導体は、ホスホジエステラーゼを阻害してcAMP量を増加させる事により、中枢興奮作用及び循環機能の亢進作用を有する事が知られている。キサンチン誘導体が有するこの様な作用は、適量の摂取では精神の高揚など有用に働くが、上述した様に過剰量では有害となるために、カフェインレスコーヒーが世の中で広く求められていた。
Field of industrial application (In Japanese)テオブロミン合成酵素のポリペプチド及び当該酵素をコードする遺伝子
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  以下の(a)または(b)に示すアミノ酸配列からなることを特徴とする、ポリペプチド。(a)配列表の配列番号1に示す、アミノ酸番号1-378で示されるアミノ酸配列からなることを特徴とする、ポリペプチド。(b)7-メチルキサンチンを基質としてテオブロミンを生合成する活性を有し、(a)のアミノ酸の一部が欠失、置換若しくは付加された、ポリペプチド。
【請求項2】
  請求項1記載のポリペプチドをコードする、遺伝子。
【請求項3】
  以下の(c)または(d)に示す塩基配列からなることを特徴とする、遺伝子。(c)配列表の配列番号2に示す、塩基番号1-1298で示される塩基配列からなることを特徴とする、遺伝子。(d)7-メチルキサンチンを基質としてテオブロミンを生合成する活性を有するポリペプチドをコードし、(c)の塩基配列の一部が欠失、置換若しくは付加された、遺伝子。
【請求項4】
  請求項2又は3記載の遺伝子の発現を抑制することにより、テオブロミンの生合成量が低下した、形質転換植物。
【請求項5】
  請求項4記載の形質転換植物より採取した種子。
【請求項6】
  請求項2又は3記載の遺伝子を導入することにより、テオブロミンの生合成量が増加した、形質転換植物。
【請求項7】
  請求項6記載の形質転換植物より採取した種子。
【請求項8】
  請求項2又3記載の遺伝子の発現を抑制することにより、テオブロミンの生合成量が低下した形質転換植物を作製する方法。
Industrial division
  • Microbial industry
  • Agriculture, forestry
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close