Top > Search of Japanese Patents > FRICTION FILLING JOINING METHOD

FRICTION FILLING JOINING METHOD commons meetings foreign

Patent code P03A000641
File No. U2000P073
Posted date Apr 16, 2004
Application number P2000-255440
Publication number P2002-066756A
Patent number P3318610
Date of filing Aug 25, 2000
Date of publication of application Mar 5, 2002
Date of registration Jun 21, 2002
Inventor
  • (In Japanese)篠田 剛
  • (In Japanese)金子 創
Applicant
  • (In Japanese)学校法人名古屋大学
Title FRICTION FILLING JOINING METHOD commons meetings foreign
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a simple and sure joining method to bond works without causing defective joint.

SOLUTION: A work 2 comprising at least two works is provided and an intermediate member is arranged as a filling member 1 between both end surfaces of each work. While the intermediate member is rotated or oscillated at high speed, each work 2 is pressed to the intermediate member to generate a friction pressure each other. When the intermediate member stop rotating or oscillating, each work 2 is set up toward the intermediate member.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)レール等をその端面で相互につなぎ合わせて長尺化を図る場合、従来はアーク溶接やガス圧接法などの接合方式が採用されていたが、上記のような従来の接合方式は、何れの場合も接合部位を一たん溶融させて接合するものであることから、溶接欠陥が生じたり脆化組織の発生が不可避であった。上記のような接合方式の欠点を解消するものとしては、近年、回転式の摩擦圧接法が開発されてきており、この点に関しては、例えば「溶接・接合便覧」(溶接学会偏 発行所 丸善株式会社 第480~489頁)が参照される。しかしながら、かかる回転式の摩擦圧接法は、接合すべきワークのうちの少なくとも一方を回転させることによって接合に必要な熱エネルギーを発生させるものであって、とくにワークの大型化、長尺化を伴う場合や異形断面を有する部材を対象とする場合にワーク自体を回転させるには技術的な面で困難があり実用的ではないところに問題を残している。本発明の課題は、ワークのサイズや形状に規制を受けたり、溶接欠陥を伴うことなしに簡便かつ確実に接合できる新規な摩擦充填接合方法を提案するところにある。
Field of industrial application (In Japanese)レールや鉄筋等を接合対象物(ワーク)としてそれを簡便かつ確実に接合しようとする、摩擦充填接合方法
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  少なくとも2つのワークをそれらの端面で相互に接合するに当たり、各ワークの端面相互間に充填材として中間部材を配置し、該中間部材を高速回転若しくは高速振動させるとともに、各ワークをそれぞれ下記の条件下に中間部材に押し当ててその相互にて摩擦圧力を発生させ、次いで、該中間部材の回転若しくは振動を停止させると同時に各ワークを下記の条件下に中間部材に向けてアップセットすることを特徴とする摩擦充填接合方法。記摩擦圧力を発生させる際のワークの寄り速度:0.01mm/s ~5mm/sアップセットする際のワークの寄り速度:0.01mm/s ~5mm/s
【請求項2】
  中間部材の回転数若しくは振動数は100~10000rpm若しくは10~1000Hzである、請求項1記載の方法。
【請求項3】
  アップセットの際の圧力は、中間部材の高速回転若しくは高速振動下において生じる摩擦圧力と同等かそれより大きいものである、請求項1又は2記載の方法。
【請求項4】
  ワークを高速回転若しくは高速振動中の中間部材に押し当てる時間は1~1000秒であり、アップセットの際の時間は1~100秒である、請求項1~3の何れかに記載の方法。
Industrial division
  • Processing
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

05165_01SUM.gif
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close