Top > Search of Japanese Patents > HIGHLY ESTROGEN-SENSITIVE KILLIFISH

HIGHLY ESTROGEN-SENSITIVE KILLIFISH

Patent code P03A000643
File No. U2000P054
Posted date Aug 28, 2003
Application number P2000-247729
Publication number P2002-058486A
Patent number P3448641
Date of filing Aug 17, 2000
Date of publication of application Feb 26, 2002
Date of registration Jul 11, 2003
Inventor
  • (In Japanese)山下 一郎
Applicant
  • (In Japanese)広島大学長
Title HIGHLY ESTROGEN-SENSITIVE KILLIFISH
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide genetically modified killifish reacting to a very low concentration of estrogen, a method for creating killifish that forms thrombus using the killifish, killifish that forms thrombus created by the method, and a method for testing a substance having an estrogen-like effect using the above killifish.

SOLUTION: The killifish is (1) genetically modified killifish into which a polynucleotide having a specific base sequence derived from killifish is transduced. The method is (2) a method for creating killifish that forms thrombus comprises making genetically modified killifish (1) grow in the presence of estrogen. The killifish forming thrombus is killifish which is created according to method (2) and forms thrombus. The testing method is (4) a method comprising the steps of making genetically modified killifish (1) grow in test water, and observing if thrombus is formed in the killifish or not in a method for testing a substance having of estrogen-life effect.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)近年、環境中の化学物質による生物の内分泌系への影響に関して研究が活発化してきており、関心が高まっている。生物の内分泌系を攪乱する作用を有する多くの化学物質が、エストロゲン様の作用をすることから、研究の多くは、女性ホルモンであるエストロゲンを対象としている。河川においてもエストロゲン様化学物質の汚染は、地球規模の社会問題となっている。そこで本発明において、河川におけるエストロゲン様作用性物質を検出するにあたり、実験動物として優れた点を有しているメダカに着目した。ところがメダカは、極低濃度のエストロゲンには反応しないため、環境水検査用の水生動物として使用できない問題点を有していることを、本発明を為すにあたり新たに見出した。
Field of industrial application (In Japanese)エストロゲン様内分泌攪乱化学物質の検出に利用可能であり、血栓症の発症メカニズム解明のための実験動物および血栓症治療薬開発のバイオアッセイ系としても有用な、メダカ由来のエストロゲン受容体遺伝子を組込んだ遺伝子組み換えメダカ、即ちエストロゲン高感受性メダカ
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  配列番号1に記載されている塩基配列を有するポリヌクレオチドを遺伝子導入した遺伝子組み換えメダカを、エストロゲン存在下で生育させることを特徴とする血栓を形成したメダカの作成方法。
【請求項2】
  配列番号1に記載されている塩基配列の211位から1935位までを有するポリヌクレオチドを遺伝子導入した遺伝子組み換えメダカを、エストロゲン存在下で生育させることを特徴とする血栓を形成したメダカの作成方法。
【請求項3】
  配列番号2に記載のアミノ酸配列をコードするポリヌクレオチドを遺伝子導入した遺伝子組み換えメダカを、エストロゲン存在下で生育させることを特徴とする血栓を形成したメダカの作成方法。
【請求項4】
  配列番号1に記載されている塩基配列を有するポリヌクレオチドを遺伝子導入した遺伝子組み換えメダカを、エストロゲン存在下で生育させることにより得られる血栓を形成したメダカ。
【請求項5】
  配列番号1に記載されている塩基配列の211位から1935位までを有するポリヌクレオチドを遺伝子導入した遺伝子組み換えメダカを、エストロゲン存在下で生育させることにより得られる血栓を形成したメダカ。
【請求項6】
  配列番号2に記載のアミノ酸配列をコードするポリヌクレオチドを遺伝子導入した遺伝子組み換えメダカを、エストロゲン存在下で生育させることにより得られる血栓を形成したメダカ。
【請求項7】
  エストロゲン様作用性物質の検査方法において、配列番号1に記載されている塩基配列を有するポリヌクレオチドを遺伝子導入した遺伝子組み換えメダカを、検査用の水中で生育させる工程と、前記メダカに血栓が形成されるか否かを観察する工程とを具備することを特徴とする方法。
【請求項8】
  エストロゲン様作用性物質の検査方法において、配列番号1に記載されている塩基配列の211位から1935位までを有するポリヌクレオチドを遺伝子導入した遺伝子組み換えメダカを、検査用の水中で生育させる工程と、前記メダカに血栓が形成されるか否かを観察する工程とを具備することを特徴とする方法。
【請求項9】
  エストロゲン様作用性物質の検査方法において、配列番号2に記載のアミノ酸配列をコードするポリヌクレオチドを遺伝子導入した遺伝子組み換えメダカを、検査用の水中で生育させる工程と、前記メダカに血栓が形成されるか否かを観察する工程とを具備することを特徴とする方法。
【請求項10】
  前記検査用の水が、環境から採取した水であることを特徴とする請求項7~9の何れか1項に記載の方法。
【請求項11】
  前記検査用の水が、被検物質を添加した水であることを特徴とする請求項7~9の何れか1項に記載の方法。
Industrial division
  • Microbial industry
  • Fisheries
  • Animal husbandry
  • Organic compound
  • Drug
  • (In Japanese)試験、検査
IPC(International Patent Classification)
State of application right Right is in force


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close