Top > Search of Japanese Patents > NEW CYCLOBUTANE DERIVATIVE AND METHOD FOR SYNTHESIZING THE SAME

NEW CYCLOBUTANE DERIVATIVE AND METHOD FOR SYNTHESIZING THE SAME

Patent code P03A000649
File No. U1999P157
Posted date Aug 28, 2003
Application number P2000-229179
Publication number P2002-047215A
Patent number P3718709
Date of filing Jul 28, 2000
Date of publication of application Feb 12, 2002
Date of registration Sep 16, 2005
Inventor
  • (In Japanese)山本 嘉則
  • (In Japanese)斎藤 慎一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東北大学
Title NEW CYCLOBUTANE DERIVATIVE AND METHOD FOR SYNTHESIZING THE SAME
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a new cyclobutane derivative expected as a synthetic raw material for a new material including highly functional polymers and to provide a method for synthesizing the cyclobutane derivative.

SOLUTION: This cyclobutane derivative is represented by the general formula (1) (wherein, Rs denote each a substituent group; and the two Rs may be the same or different).

Outline of related art and contending technology (In Japanese)
ポリエチレンにおけるエチレン、あるいはテフロンにおけるテトラフルオロエチレンのように、不飽和炭化水素はポリマーをはじめとする新素材の合成原料として非常に重要である。一方、近年においては高機能性のポリマーを開発するにあたってポリマー化反応自体について検討する必要性があるのはもちろんであるが、新規なモノマーユニットを導入することも重要になりつつある。
【0003】
ところで、アレンを熱的反応により二量化してジメチレンシクロブタンを得る方法は古くから知られているが、この合成方法は反応条件が厳しい上、生成物が様々な異性体の混合物となるため、合成上の有用性は低く、生成物であるジメチレンシクロブタンを機能性ポリマー原料として利用するには実情に遠く及ばないものであった。
Field of industrial application (In Japanese)
本発明は、新規なシクロブタン誘導体およびその合成方法に係わり、特に高機能性ポリマー原料として使用できる新規なシクロブタン誘導体およびその合成方法に関する。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  一般式(1)で表されるシクロブタン誘導体。
【化学式1】
 
式中、Rは炭素数1~20のパーフルオロアルキル基、炭素数6~20のパーフルオロアリール基、CON(CH3)C6H5、COC2H5、COC6H5、又はSO2C6H5を表す。2個あるRは同一でも異なっていてもよい。
【請求項2】
  RがC6F13、又はC6F5である、請求項1に記載のシクロブタン誘導体。
【請求項3】
  一般式(2)
【化学式2】
 
[式中、Rは炭素数1~20のパーフルオロアルキル基、炭素数6~20のパーフルオロアリール基、COOC2H5、CON(CH3)C6H5、COC2H5、COC6H5、又はSO2C6H5を表す。]で表されるアレン誘導体を二量化することによる
一般式(1)
【化学式3】
 
[式中、Rは一般式(2)におけるRと同義である。2個あるRは同一でも異なっていてもよい。]で表されるシクロブタン誘導体の合成方法。
【請求項4】
  RがC6F13、又はC6F5である、請求項3に記載のシクロブタン誘導体の合成方法。
Industrial division
  • Organic compound
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close