Top > Search of Japanese Patents > REMOTE HYBRID EXPERIMENT SYSTEM

REMOTE HYBRID EXPERIMENT SYSTEM

Patent code P03A000658
File No. 109
Posted date Apr 16, 2004
Application number P2000-214163
Publication number P2002-031549A
Patent number P3412010
Date of filing Jul 14, 2000
Date of publication of application Jan 31, 2002
Date of registration Mar 28, 2003
Inventor
  • (In Japanese)渡邊 英一
  • (In Japanese)杉浦 邦征
  • (In Japanese)永田 和寿
Applicant
  • (In Japanese)学校法人京都大学
Title REMOTE HYBRID EXPERIMENT SYSTEM
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hybrid experiment system for analyzing a dynamic non-linear behavior of a large-scale structural body system as a whole.

SOLUTION: The remote hybrid experiment system for evaluating behavior of the structural body consisting of a plurality of structural components is provided with a plurality of hybrid experiment subsystems connected mutually through a network and a calculation/data communication control system. Each of the hybrid experiment subsystems uses a structural element model of the structural body as a specimen, and the calculation/data communication system evaluates behavior of the structural body on the basis of the data received from the respective hybrid experiment subsystems.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)例えば高架橋等の構造物を構成する各構造要素の非線形動的特性を数理モデル化することは非常に困難である。したがって、その構造モデルを用いて実験的に評価することが、最も信頼性のある評価法である。例えば、構造物の地震応答を求めるためには、構造物の各構造要素の復元力特性を履歴モデルで仮定し、構造物の地震応答性をステップバイステップの積分計算によって求める。また、このような実験には、しばしばハイブリッド実験という手法が使用される。ハイブリッド実験とは、載荷実験とコンピュータ解析を組み合わせた試験方法であり、数学的に解明困難な、あるいは、モデル化が非常に複雑な要素の力学特性を前記載荷実験から求め、これをオンラインで計算機内に送り込み、構造物全体の動的挙動をより実現象に近づけようとするものである。上述した構造物の地震応答性を求める例では、ハイブリッド実験では復元力の仮定は1ステップ目のみ行い、実験制御装置が与えた目標変位に対する復元力を検出し、逐次この値を計算機の地震応答解析プログラム内に取り込みながら応答変位を算出する。このように、応答計算-載荷-計測を繰り返すことによって構造物の地震時応答性が得られる。モデル自体は、実現象よりはるかに遅い速度ではあるが、あたかも地震を受けたかのように挙動する。
Field of industrial application (In Japanese)複数の構造要素から成る構造物の非線形的挙動を評価するハイブリッド実験システム
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  ネットワークを介して互いに接続された複数のハイブリッド実験サブシステムと、計算およびデータ通信制御システムとを具え、複数の構造要素から成る構造物の挙動を評価するリモートハイブリッド実験システムであって、前記ハイブリッド実験サブシステムの各々が前記構造物の構造要素のモデルを評価対象とし、前記計算およびデータ通信制御システムが前記ハイブリッド実験サブシステムの各々に該ハイブリッド実験サブシステムの実験に関するパラメータを送り、前記ハイブリッド実験サブシステムの各々が前記受けたパラメータに基づく実験結果データを前記計算および通信制御システムに送るステップを所定の回数繰り返し、最初に送る前記パラメータを予め規定し、2回目以降に送る前記パラメータを、前回受けた前記実験結果データに基づいて前記計算および通信制御システムが計算したものとし、前記計算およびデータ通信制御システムが、前記各々のハイブリッド実験サブシステムから受けたデータに基づいて前記構造物の挙動を評価するように構成し、前記計算およびデータ通信制御システムと、ハイブリッド実験サブシステムとの間の通信を、前記計算およびデータ通信制御システムをクライアントとし、前記ハイブリッド実験サブシステムをサーバとしたクライアント・サーバ形式で行うように構成し、前記ネットワークがインターネットを含むリモートハイブリッド実験システムにおいて、前記ハイブリッド実験サブシステムの各々が、実験制御コンピュータおよびローカルサーバを具えたことを特徴とするリモートハイブリッド実験システム。
Industrial division
  • Measurement
  • Application of computer
  • (In Japanese)試験、検査
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

05178_01SUM.gif
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close