Top > Search of Japanese Patents > MEASUREMENT AND PSYCHOLOGICAL EVALUATION METHOD AND DEVICE OF REGIONAL ENVIRONMENT NOISE

MEASUREMENT AND PSYCHOLOGICAL EVALUATION METHOD AND DEVICE OF REGIONAL ENVIRONMENT NOISE commons meetings

Patent code P03A001872
File No. U2000P056
Posted date Apr 16, 2004
Application number P2000-246418
Publication number P2002-062186A
Patent number P3350713
Date of filing Aug 15, 2000
Date of publication of application Feb 28, 2002
Date of registration Sep 20, 2002
Inventor
  • (In Japanese)安藤 四一
  • (In Japanese)酒井 博之
Applicant
  • (In Japanese)学校法人神戸大学
Title MEASUREMENT AND PSYCHOLOGICAL EVALUATION METHOD AND DEVICE OF REGIONAL ENVIRONMENT NOISE commons meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method, device, and medium for performing psychological evaluation by specifying the type of a noise source using a physical factor led from an auto-correlation function and a cross-correlation function that change with time at a time region based on a human hearing-cerebrum function system.

SOLUTION: A method for specifying the type of the noise source is presented, where the method includes a step for sampling and recording the acoustic signal of an environmental noise using a voice-sampling device, an ACF operation step for calculating the auto-correlation function (ACF) using Fourier transform from the recorded acoustic signal, an ACF factor operation step for obtaining each ACF factor from the calculated ACF, and a step for judging the type of the noise source using the obtained ACF factor, thus determining the type (for example, the noise of automobiles, aircraft) of an unknown noise source and further specifying even the car model and car type.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)従来、航空機騒音や自動車騒音などの地域環境騒音は、モノオーラル方式による騒音計を用いて測定した音圧レベルやその周波数特性に関して議論されてきた。しかし、上述したモノオーラル方式により測定された物理的ファクターのみでは人間の主観的応答を表わすには不十分かつ不適切であることがわかってきた。また、コンサートホール音響学では、バイノーラル方式により、ホールの物理的なデータと心理的(主観的)な関連性が明らかとなってきているが、騒音の分野においてはモノオーラル方式に関するものが殆どである。
Field of industrial application (In Japanese)航空機騒音や自動車騒音などの地域環境騒音の計測・心理評価の方法及び装置、特にバイノーラル方式による騒音の計測・心理評価の方法及び装置
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  環境騒音の音響信号を採取する音声採取ステップと、この採取された音響信号を記録する音響信号記録ステップと、この記録された音響信号から演算手段を用いて自己相関関数ACFを計算するACF演算ステップと、この算出されたACFから前記演算手段を用いて、ACFファクターである遅れ時間が0で表わされるエネルギーΦ(0)、有効継続遅延時間τe、ACFの第1ピークまでの遅延時間τ1、正規化したACFの第1ピークの振幅φ1を求めるACFファクター演算ステップと、この求めたACFファクターに基づき前記演算手段を用いて騒音源の種類を判定する判定ステップと、を含むことを特徴とする騒音源の種類を特定する方法。
【請求項2】
  請求項1に記載の騒音源の種類を特定する方法において、前記騒音源の種類を判定する判定ステップが、これらの計算されたACFファクターである遅れ時間が0で表わされるエネルギーΦ(0)、有効継続遅延時間τe、ACFの第1ピークまでの遅延時間τ1、正規化したACFの第1ピークの振幅φ1からその対数をそれぞれ求め、求めた対数の各々と、予め作成してある騒音源の各ACFファクター毎の対応するテンプレートの対数との差の絶対値である距離、をそれぞれ求めるステップと、予めACFファクターの各々の算術平均の標準偏差であるS2を、ACFファクターの全カテゴリーに対する標準偏差の算術平均であるS1で除算し、この除算したものの平方根である重み係数を各ACFファクター毎に求めるステップと、求めたそれぞれの距離に、予め求めておいた対応する各ACFファクターの重み係数を乗算し、合計の距離を求める合計距離演算ステップと、求めた合計距離と、格納されているテンプレートの距離とを比較し、最も近いテンプレートの1つを選択する比較・選択ステップと、を含むことを、特徴とする騒音源の種類を特定する方法。
【請求項3】
  音声採取手段を用いて環境騒音の音響信号を記録する音響信号記録手段と、この記録された音響信号から演算手段を用いてフーリエ変換により自己相関関数ACFを計算するACF演算手段と、この計算されたACFから前記演算手段を用いて、ACFファクターである遅れ時間が0で表わされるエネルギーΦ(0)、有効継続遅延時間τe、ACFの第1ピークまでの遅延時間τ1、正規化したACFの第1ピークの振幅φ1を求めるACFファクター演算手段と、この求めたACFファクターに基づき前記演算手段を用いて騒音源の種類を判定する判定手段と、を含むことを特徴とする騒音源の種類を特定する装置。
【請求項4】
  請求項3に記載の騒音源の種類を特定する装置において、前記騒音源の種類を判定する判定手段が、これらの計算されたACFファクターである遅れ時間が0で表わされるエネルギーΦ(0)、有効継続遅延時間τe、ACFの第1ピークまでの遅延時間τ1、正規化したACFの第1ピークの振幅φ1からその対数をそれぞれ求め、求めた対数の各々と、予め作成してある騒音源の各ACFファクター毎の対応するテンプレートの対数との差の絶対値である距離をそれぞれ求める手段と、予めACFファクターの各々の算術平均の標準偏差であるS2を、ACFファクターの全カテゴリーに対する標準偏差の算術平均であるS1で除算し、この除算したものの平方根である重み係数を各ACFファクター毎に求める手段と、求めたそれぞれの距離に、予め求めておいた対応する各ACFファクターの重み係数を乗算し、合計の距離を求める合計距離演算手段と、求めた合計距離と、格納されているテンプレートの距離とを比較し、最も近いテンプレートの1つを選択する比較・選択手段と、を具えることを、特徴とする騒音源の種類を特定する装置。
【請求項5】
  環境騒音の音響信号を採取する音声採取ステップと、この採取された音響信号を記録する音響信号記録ステップと、この記録された音響信号から演算手段を用いて自己相関関数ACFを計算するACF演算ステップと、この算出されたACFから前記演算手段を用いて、ACFファクターである遅れ時間が0で表わされるエネルギーΦ(0)、有効継続遅延時間τe、ACFの第1ピークまでの遅延時間τ1、正規化したACFの第1ピークの振幅φ1を求めるACFファクター演算ステップと、この求めたACFファクターに基づき前記演算手段を用いて騒音源の種類を判定する判定ステップと、を含むことを特徴とする、騒音源の種類を特定するプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な媒体。
【請求項6】
  請求項5に記載のプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な媒体において、前記騒音源の種類を判定する判定ステップが、これらの計算されたACFファクターである遅れ時間が0で表わされるエネルギーΦ(0)、有効継続遅延時間τe、ACFの第1ピークまでの遅延時間τ1、正規化したACFの第1ピークの振幅φ1からその対数をそれぞれ求め、求めた対数の各々と、予め作成してある騒音源の各ACFファクター毎の対応するテンプレートの対数との差の絶対値である距離をそれぞれ求めるステップと、予めACFファクターの各々の算術平均の標準偏差であるS2を、ACFファクターの全カテゴリーに対する標準偏差の算術平均であるS1で除算し、この除算したものの平方根である重み係数を各ACFファクター毎に求めるステップと、求めたそれぞれの距離に、予め求めておいた対応する各ACFファクターの重み係数を乗算し、合計の距離を求める合計距離演算ステップと、求めた合計距離と、格納されているテンプレートの距離とを比較し、最も近いテンプレートの1つを選択する比較・選択ステップと、を含むことを特徴とする、騒音源の種類を特定するプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な媒体。
Industrial division
  • Measurement
  • Electric application devices
  • (In Japanese)試験、検査
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

05444_16SUM.gif
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close