Top > Search of Japanese Patents > GLYCOSAMINOGLYCAN-POLYCATION COMPLEX FOR MATRIX OF ANAGENESIS AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

GLYCOSAMINOGLYCAN-POLYCATION COMPLEX FOR MATRIX OF ANAGENESIS AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P03A001901
File No. A121P66
Posted date Oct 1, 2003
Application number P2000-273187
Publication number P2002-080501A
Patent number P4187917
Date of filing Sep 8, 2000
Date of publication of application Mar 19, 2002
Date of registration Sep 19, 2008
Inventor
  • (In Japanese)田中 順三
  • (In Japanese)田口 哲志
  • (In Japanese)宮崎 匡輔
  • (In Japanese)佐倉 義幸
  • (In Japanese)大塚 龍郎
  • (In Japanese)萬代 佳宣
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)独立行政法人物質・材料研究機構
  • (In Japanese)生化学工業株式会社
  • (In Japanese)新田ゼラチン株式会社
Title GLYCOSAMINOGLYCAN-POLYCATION COMPLEX FOR MATRIX OF ANAGENESIS AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To develop a material for anagenesis which is useful as a matrix of various anageneses of cartilage, liver, blood vessel, nerve, or the like, and which exhibits physical properties extremely similar to each tissue and has an excellent biological function in a system capable of putting the material in a mold and molding the material.

SOLUTION: This glycosaminoglycan-polycation complex for a matrix of anagenesis is crosslinked by a condensation reaction between glycosaminoglycan and a polycation. The glycosaminoglycan-polycation complex is produced by crosslinking the glycosaminoglycan and the polycation in a salt concentration not to form a polyion complex by a condensation reaction using water-soluble carbodiimide as a condensation agent.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)
軟骨は非常に再生しにくい臓器であるが、加齢やスポーツ障害による変形性関節症等の関節疾患の対策として軟骨再生材料の開発が切望されている。軟骨組織の主成分は、II型コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸鎖が豊富なプロテオグリカンである。これまで、ハイドロキシアパタイト-II型コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸自己組織化体が、invivoにおいてある程度軟骨再生を促進する結果が得られている。
【0003】
また、これまで、ヒアルロン酸を架橋剤(ジアミン、ジエポキシ、エピクロロヒドリン)により架橋したもの、縮合剤(水溶性カルボジイミド)により架橋したもの、ヒアルロン酸のカルボキシル基の部分に疎水基を導入したもの等が報告されている。
【0004】
また、グリコサミノグリカン(GAG)-コラーゲン複合体の調製は、コラーゲン溶液を凍結乾燥したコラーゲンマトリックスへのGAGの固定化(J.S.Pieper et al.,「Biomaterials」, 2000,21:581-593)やGAG-コラーゲンコンプレックスを化学架橋する手法が取られていた(特表平6-505642号公報、特開平7-196704号公報)。
Field of industrial application (In Japanese)
本発明は、軟骨等の組織再生マトリックス用グリコサミノグリカン(GAG)-コラーゲン複合体の製造方法に関する。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 グリコサミノグリカンとコラーゲンを縮合反応により架橋したグリコサミノグリカン-とコラーゲン複合体を製造する方法において、
グリコサミノグリカンとコラーゲンの混合水溶液に水に溶解する塩を存在させることによってグリコサミノグリカンとコラーゲンがポリイオンコンプレックスを形成するのを抑制しつつ、縮合剤として水溶性カルボジイミドを用いた縮合反応により架橋することを特徴とする組織再生マトリックス用グリコサミノグリカン-コラーゲン複合体の製造方法。
【請求項2】
 縮合剤として水溶性カルボジイミドと2-ヒドロキシスクシンイミドを組み合わせて用いることを特徴とする請求項1記載のグリコサミノグリカン-コラーゲン複合体の製造方法。
【請求項3】
 グリコサミノグリカンがヒアルロン酸であり、コラーゲンがII型コラーゲンであり、塩がNaClであり、塩濃度が0.4±0.05Mであることを特徴とする請求項1又は2記載のグリコサミノグリカン-コラーゲン複合体の製造方法。
【請求項4】
 縮合反応前のゾル状の水溶液を鋳型に流し込み、次いで縮合反応を行なうことによって耳、鼻、又は軟骨欠損部の形状を形成することを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載のグリコサミノグリカン-コラーゲン複合体の製造方法。
【請求項5】
 架橋によって形成したグリコサミノグリカン-コラーゲン複合体のハイドロゲルからなるマトリックスを水で洗浄し、マトリックス中の塩のイオン、水溶性カルボジイミド、および副生成物を除去することを特徴とする請求項1~4のいずれか1項に記載のグリコサミノグリカン-コラーゲン複合体の製造方法。
Industrial division
  • High polymer
  • Therapeutic hygiene
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

22334_01SUM.gif
State of application right Right is in force
Reference ( R and D project ) CREST Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close