Top > Search of Japanese Patents > Ni-Ti-Zr AMORPHOUS ALLOY HAVING EXCELLENT AMORPHOUS SUBSTANCE FORMING PROPERTY

Ni-Ti-Zr AMORPHOUS ALLOY HAVING EXCELLENT AMORPHOUS SUBSTANCE FORMING PROPERTY commons

Patent code P03A001912
File No. E051P17
Posted date Oct 1, 2003
Application number P2000-291614
Publication number P2002-105608A
Patent number P3710698
Date of filing Sep 26, 2000
Date of publication of application Apr 10, 2002
Date of registration Aug 19, 2005
Inventor
  • (In Japanese)井上 明久
  • (In Japanese)張 涛
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title Ni-Ti-Zr AMORPHOUS ALLOY HAVING EXCELLENT AMORPHOUS SUBSTANCE FORMING PROPERTY commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an Ni-base amorphous alloy having high amorphous substance forming property and excellent mechanical properties and chemical properties.
SOLUTION: The Ni-Ti-Zr amorphous alloy has a composition represented by the formula: Ni100-a-b-cTiaZrbMc (wherein, M is one or two elements selected from the group consisting of Si, B and Sn; and a, b and c represent atomic percentages and satisfy 15≤a≤30, 5≤b≤30, 2≤c≤7 and 40≤a+b+c≤60, respectively) and also has a structure where amorphous phase comprises ≥50% by volume percentage.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


Ni基非晶質合金では、従来、主に、磁気的性質について着目した研究が行われてきた。これらのNi基非晶質合金は、Ni-半金属(Si,B,P,C)系で示される組成を有し、主に単ロール法により作製されたリボン状材料で研究がなされた。



一方、本発明者らは、実使用を鑑みた大形状Ni基非晶質合金、言い換えれば非晶質形成能に優れたNi基非晶質合金に関する研究開発を進め、Ni-Si-BまたはNi-Si-B-X(X=Fe,Mn,Cr,Ti,Zr,Al,V,Mo,Nbの1種以上)組成の非晶質と結晶質との混相からなる合金(特開平5-70903号公報、特開平5-287470号公報)、Ni-P-M(M=Ti,Zr,Hf,Nb,Taの1種以上)組成の非晶質相を体積%で90%以上含む合金(特開2000-87197号公報)を発明した。



また、Ti系非晶質合金は、他の非晶質合金に比べ格段に優れた耐食性を有し、人体への悪影響も少ないため、新しいタイプの非晶質合金として構造材料、医用材料、化学材料等の分野への応用が期待されており、50℃以上の過冷却液体領域と1000MPaを超える強度を兼ね備えたTi-Ni-Cu-(Fe,Co、Ζr、Hf)系非晶質合金が開発され、公知となっている(特開平6-264199号公報および特開平6-264200号公報)。



本発明者らは、Ti-TM系[TM:Fe、Co、NiおよびCuよりなる群から選択される1種または2種以上の元素]に特定量のZr、およびAl、Si、SnおよびSbよりなる群から選択される1種または2種以上の元素を添加した合金組成からなり、実用に耐え得る強度と大きな非晶質形成能を兼ね備えたTi系非晶質合金を見出し、特許出願した(WO99/49095号公報)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、非晶質形成能が高く、機械的性質および化学的性質に優れたNi-Ti-Zr系Ni基非晶質合金に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
式:Ni100-a-b-c Tia Zrb Mc [式中、Mは、Sn、またはSnおよびBであり、a、bおよびcは、それぞれ原子%を表し、15≦a≦30(ただし、a=30を除く)、5≦b≦30、2≦c≦7、40≦a+b+c≦60を満足する]で示される組成を有し、30K以上の過冷却液体領域と0.55以上の換算ガラス化温度を有する非晶質相を体積百分率で50%以上含むNi-Ti-Zr系Ni基非晶質合金。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000291614thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO INOUE Superliquid Class AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close