Top > Search of Japanese Patents > ACETYLLYSINE-RECOGNIZING MONOCLONAL ANTIBODY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

ACETYLLYSINE-RECOGNIZING MONOCLONAL ANTIBODY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P03A002024
File No. A131P07
Posted date Oct 1, 2003
Application number P2001-074263
Publication number P2002-272457A
Patent number P4583638
Date of filing Mar 15, 2001
Date of publication of application Sep 24, 2002
Date of registration Sep 10, 2010
Inventor
  • (In Japanese)小松 靖彦
  • (In Japanese)吉田 稔
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title ACETYLLYSINE-RECOGNIZING MONOCLONAL ANTIBODY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an anti-acetyllysine monoclonal antibody capable of recognizing NÅ-acetyllysine residue regardless of the kind of neighboring amino acids, and further to provide a method for producing the monoclonal antibody.
SOLUTION: This monoclonal antibody is composed of a light chain in which the invariable region comprises a specific amino acid sequence of a mouse monoclonal antibody, and the variable region comprises a specific amino acid sequence derived from the mouse or an amino acid sequence composed of the amino acid sequence having one or several deleted, substituted or inserted amino acids, and a heavy chain in which the invariable region comprises a specific amino acid sequence derived from the mouse, and the variable region comprises a specific amino acid sequence derived from the mouse or an amino acid sequence composed of the amino acid sequence having one or several deleted, substituted or inserted amino acids, and can accept a wide range of vicinal amino acids especially not depending on the kind of the vicinal amino acid when recognizing the NÅ-acetyllysine in a protein. The method for producing the monoclonal antibody uses a chemically acetylated protein as an antigen.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年真核生物の遺伝子発現制御においてコアヒストンのN末端領域のリジン残基のNε-アセチル化が重要な役割を果たしていることが明らかになってきた。そのアセチル化を担う酵素であるヒストンアセチルトランスフェラーゼ及び脱アセチル化を担う酵素であるヒストンデアセチラーゼは1996年に初めてクローニングされたが、その後同活性を有する分子が複数見出されてきている。また、近年ではヒストン以外にp53、TCF、HMG-1等種々の非ヒストン蛋白質がアセチル化を受けることが明らかにされてきており、アセチル化はリン酸化に匹敵する広範な役割を果たす翻訳後修飾である可能性が指摘されるようになった。
上記の様な未知の新規アセチル化蛋白質を検索するためにはNε-アセチルリジン残基を特異的にかつ隣接アミノ酸のいかんを問わず認識するプローブ分子が有用であることは論を待たない。その様な目的に最もかなった分子としては抗体が考えられるが、これまでに隣接アミノ酸の種類によらず様々な状況下のアセチルリジンを認識できる抗体はほとんど報告されていなかった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は新規なモノクローナル抗体及びその製造方法に関する。詳しくは、隣接のアミノ酸の種類に依存せずに蛋白質中のNε-アセチルリジン残基を認識し得るモノクローナル抗体とその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Nε-アセチルリジンを認識するモノクローナル抗体であって、
(1)軽鎖の可変領域が配列番号:2、5、6又は7に記載されたアミノ酸配列からなるものであって、且つ、(2)重鎖の可変領域が配列番号:4、8、9又は10に記載されたアミノ酸配列からなるものである、モノクローナル抗体。

【請求項2】
 
モノクローナル抗体が、(1)軽鎖の不変領域が配列番号:1に記載されたアミノ酸配列からなり、且つ、(2)重鎖の不変領域が配列番号:3に記載されたアミノ酸配列からなるものである請求項1に記載のモノクローナル抗体。

【請求項3】
 
請求項1又は2に記載のNε-アセチルリジンを認識するモノクローナル抗体をコードする遺伝子

【請求項4】
 
(1)軽鎖をコードする遺伝子が配列番号:11~14のいずれかに記載された塩基配列からなるか、又は、(2)重鎖をコードする遺伝子が配列番号:15~18に記載された塩基酸配列からなる、請求項3に記載の遺伝子

【請求項5】
 
化学的にアセチル化した、分子内に複数のリジンを有する蛋白質を抗原として用いることを特徴とする請求項1又は2に記載のモノクローナル抗体の製造方法。

【請求項6】
 
化学的にアセチル化した蛋白質がアセチル化したムラサキカサガイヘモシアニンである請求項5に記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

05610_03SUM.gif
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST Structure and Function of Genomes AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close