Top > Search of Japanese Patents > NEW 1,3-SELENAZOLINE DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

NEW 1,3-SELENAZOLINE DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P03A002125
File No. GI-H13-20
Posted date Nov 18, 2003
Application number P2001-392861
Publication number P2003-192678A
Patent number P4016098
Date of filing Dec 25, 2001
Date of publication of application Jul 9, 2003
Date of registration Sep 28, 2007
Inventor
  • (In Japanese)纐纈 守
  • (In Japanese)石原 秀晴
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title NEW 1,3-SELENAZOLINE DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new 1,3-selenazoline derivative having a new chemical structure and bioactivity, and to provide a method for producing the 1,3- selenazoline derivative readily produced in high yield.
SOLUTION: This new 1,3-selenazoline derivative is represented by general formula (1) (wherein R1, R2, R3 and R4 are each hydrogen atom, a 1-3C alkyl group, a cycloalkyl group, an alkynyl group, an aryl group, an alkoxide group, an acyl group, an alkylthio group, an arylthio group or an alkoxycarbonyl group). The 1,3-selenazoline derivative is produced by reacting a selenourea with an α-haloacyl halide in the presence of a catalyst in a solvent.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


セレン元素を含有する複素環状化合物は、多くの生理活性が確認されており、非常に重要な化合物である。従来、セレノ尿素を用いたセレン含有複素環状化合物の製造方法は、例えば以下に示すような文献に記載されている。
a) Maslankiewicz, A.; Skrzypek, L.; Niedbala, A. Pol. J. Chem. 1996, 70, 54.、b) Keil, D.; Hartmann, H., Phosphorus, Sulfur Silicon Relat. Elem. 1999,152, 169.、c) Shafiee, A.; Ebrahimzadeh, M. A.; Maleki, A. J. Heterocycl. Chem. 1999,36, 901.、d) Koketsu, M.; Suzuki, N.; Ishihara, H. J. Org. Chem., 1999, 64, 6473.、e) Zhou, Y.; Linden, A.; Heimgartner, H., Helv. Chim. Acta 2000, 83, 1576.、f) Attanasi, O. A.; Filippone, P.; Guidi, B.; Perrulli, F. R.; Santeusanio,S. Synlett, 2001, 144.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、医薬、農薬などの原料として利用可能な新規化合物である1,3-セレナゾリン誘導体及びその製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記化学構造式(4)、(7)及び(10)のいずれかで表される1,3-セレナゾリン誘導体。
【化1】
 



【請求項2】
 
下記一般式(2)で表されるセレノ尿素と下記一般式(3)で表されるα-ハロアシルハライド類とを触媒の存在下に、水を除く溶媒中、かつ-100~30℃の反応温度で反応させることを特徴とする下記一般式(1)で表される1,3-セレナゾリン誘導体の製造方法。
【化2】
 


(式中、R1,R2,R3及びR4は水素原子、炭素数1~30のアルキル基、シクロアルキル基、アルキニル基、アリール基、アルコキシド基、アシル基、アルキルチオ基、アリールチオ基又はアルコキシカルボニル基を表す。)
【化3】
 


上記式(2)中、R1及びR2は水素原子、炭素数1~30のアルキル基、シクロアルキル基、アルキニル基、アリール基、アルコキシド基、アシル基、アルキルチオ基、アリールチオ基又はアルコキシカルボニル基を表す。上記式(3)中、Xはハロゲン原子を表し、R3及びR4は水素原子、炭素数1~30のアルキル基、シクロアルキル基、アルキニル基、アリール基、アルコキシド基、アシル基、アルキルチオ基、アリールチオ基又はアルコキシカルボニル基を表す。)
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

20415_27SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close