Top > Search of Japanese Patents > CELLULOSE PRODUCED BY FILAMENTOUS FUNGI

CELLULOSE PRODUCED BY FILAMENTOUS FUNGI

Patent code P03A002956
Posted date Dec 22, 2003
Application number P2000-275211
Publication number P2001-161389A
Patent number P3607919
Date of filing Sep 11, 2000
Date of publication of application Jun 19, 2001
Date of registration Oct 22, 2004
Priority data
  • P1999-281425 (Oct 1, 1999) JP
Inventor
  • (In Japanese)森田 直樹
  • (In Japanese)星野 保
  • (In Japanese)澤田 美智子
  • (In Japanese)奥山 英登志
  • (In Japanese)栗木 みどり
  • (In Japanese)川上 顕
  • (In Japanese)寺見 文宏
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人産業技術総合研究所
  • (In Japanese)独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title CELLULOSE PRODUCED BY FILAMENTOUS FUNGI
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing cellulose comprising the steps of: (i) culturing filamentous fungus having the ability to produce cellulose, (ii) recovering cellulose from a culture obtained by the step (i) and obtain a cellulose produced by filamentous fungi.

SOLUTION: There are provided technology to produce cellulose from filamentous fungi, and also novel cellulose which can be utilized as various industrial materials, additives and the like.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)
セルロースは植物の細胞壁の主要構成要素であり、我々が紙として利用しているセルロースの殆どは木材等の植物由来のものである。
植物以外にも、原核生物である細菌類の中には培養中に細胞外の培養液にセルロースを生産する菌が存在し、それらのセルロースはバクテリアセルロースと呼ばれる。バクテリアセルロースは、水に対する分散性に優れている特性から、食品、化粧品などに添加物として利用されており、また、木材パルプなどから製造されるセルロースとは異なった物理的性質を持っているため、オーディオスピーカーの音響振動板などの各種産業用素材として応用利用されている。
【0003】
一方、真核生物である糸状菌は、細胞外多糖を生産することが知られている。このような糸状菌により生産される多糖のうち、セルロースと同様にグルコースで構成される多糖としては、α-グルカンであるプルラン(文献)とエルシナン(文献)、β-グルカンであるβ-(1→3)・(1→6)-グルカン及びβ-(1→6)・β-(1→4)グルカンの分岐または側鎖をもつβ-(1→3)-グルカン(文献)が報告されている。
しかし、糸状菌によりβ-(1→4)-グルカンであるセルロースが生産されるとの報告はない。
Field of industrial application (In Japanese)
本発明は、微生物によるセルロースの生産に関し、より詳細には、好冷性糸状菌に属するセルロース生産菌を用いるセルロースの生産方法及び該生産方法によって得られるセルロースに関する。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 以下の工程:
(i)セルロース生産能を有するミクロドキウム属に属する糸状菌を培養する工程、及び
(ii)工程(i)により得られる培養物からセルロースを回収する工程
を含むセルロースの製造方法。
【請求項2】
 前記ミクロドキウム属に属する糸状菌がミクロドキウム・ニバレ(FERM P-17547)である請求項1記載の製造方法。
【請求項3】
 請求項1又は2記載の製造方法によって得られるセルロース。
【請求項4】
 ミクロドキウム・ニバレ(FERM P-17547)の培養物から回収することができ、
以下の理化学的性質:
(a)分子量がゲル濾過法で計測した場合には35万~80万の範囲内である;
(b)2Mトリフルオロ酢酸中、121℃で2時間処理したときに、完全な加水分解を受ける;及び
(c)凍結乾燥してX線回折分析を行った場合に、2θ=5.0°~45.0°においてピークを示さない;
を有するセルロース。
Industrial division
  • Microbial industry
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close