Top > Search of Japanese Patents > ACID-AND-ALUMINUM-RESISTANT FUNGUS

ACID-AND-ALUMINUM-RESISTANT FUNGUS commons meetings

Patent code P03A003097
File No. U1999P152
Posted date Dec 22, 2003
Application number P2000-038429
Publication number P2001-224358A
Patent number P3505570
Date of filing Feb 16, 2000
Date of publication of application Aug 21, 2001
Date of registration Dec 26, 2003
Inventor
  • (In Japanese)河合 富佐子
  • (In Japanese)杉本 学
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 岡山大学
Title ACID-AND-ALUMINUM-RESISTANT FUNGUS commons meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide the subject fungi, and to provide a method making use of the above fungi.

SOLUTION: The fungi having resistance to both acid and aluminum are the following: (1) Aspergillus flavus Link F-6b (FERM P-17723), (2) Penicillium sp. 8b (FERM P-17724), (3) Penicillium janthinellum Biourge F-13 (FERM P-17725), (4) Trichoderma asperellum F-15 (FERM P-17726), (5) Rhodotorula glutinis Y-2a (FERM P-17727), and (6) Cryptococcus humicola Y-6 (FERM P-17728). The other objective method comprises removing aluminum ions in an acidic circumstance by growing one or more of the above microorganisms in the acidic circumstance.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)地球上には30~40%の酸性土壌が存在するといわれ、このような酸性条件下において、アルミニウムは優先的にイオンの形態で存在する。酸性土壌及び酸性水中の遊離アルミニウムイオン(Al3+)は、植物の根の成長阻害をもたらす他、生物全般に対して毒性を有することが指摘されている。このように、酸性土壌及び酸性水中の有害Al3+が溶出すると、作物栽培等に悪影響を及ぼすことが知られている。従来、中性条件下でのアルミニウム耐性菌の研究は広く行われているが、酸性条件下でのアルミニウム耐性菌の分離報告は極めて少ない。酸性条件下でのアルミニウム耐性菌に関するKonishiらの報告は、耐性菌が細菌であるためその耐性度はかび、酵母の真菌に比べて低く、生育限界もpH3.0であった(Biosci.Biotech.Biochem.,58(11),1960-1963,1994)。また、Kanazawaらの報告は、酸性土壌から真菌の分離を行っているが、その耐性測定はリン酸その他を含む寒天培地で行われているので、培地成分による毒性緩和が考えられ、実際にどの程度まで耐性であるかについては更に検討が必要である(Soil Sci. Plant Nutr.,42(1),165-173,1996)。
Field of industrial application (In Japanese)耐酸性・耐アルミニウム性を有する新規微生物に関し、更に本発明は、前記微生物を用いて酸性土壌および酸性水中の遊離アルミニウムイオンを除去し、土壌の健全化および水質の改善をはかる方法
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  耐酸性・耐アルミニウム性を有するAspergillus flavus Link F-6b(FERM P-17723)。
【請求項2】
  耐酸性・耐アルミニウム性を有するPenicillium sp. F-8b(FERM P-17724)。
【請求項3】
  耐酸性・耐アルミニウム性を有するPenicillium janthinellum Biourge F-13(FERM P-17725)。
【請求項4】
  耐酸性・耐アルミニウム性を有するTrichoderma asperellumF-15(FERM P-17726)。
【請求項5】
  耐酸性・耐アルミニウム性を有するRhodotorula glutinisY-2a(FERM P-17727)。
【請求項6】
  耐酸性・耐アルミニウム性を有するCryptococcus humicolaY-6(FERM P-17728)。
【請求項7】
  酸性環境中のアルミニウムイオンを除去する方法であって、請求項1ないし6の何れか1項記載の微生物を、前記酸性環境中で生育させる工程を具備する方法。
Industrial division
  • Microbial industry
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close