Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE ALLENE

METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE ALLENE commons

Patent code P03P000633
File No. A122P130
Posted date Oct 21, 2003
Application number P2002-061014
Publication number P2003-259889A
Patent number P3930347
Date of filing Mar 6, 2002
Date of publication of application Sep 16, 2003
Date of registration Mar 16, 2007
Inventor
  • (In Japanese)鈴木 啓介
  • (In Japanese)松本 隆司
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE ALLENE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for enantioselectively and efficiently producing an optically active allene from an allene derivative having a symmetric structure.
SOLUTION: The method for producing the optically allene represented by formula (1) [wherein, R2 and R3 may mutually be different and denote each hydrogen atom, a 1-20C alkyl group which may have a substituent or a 6-20C aryl group which may have a substituent; R4 denotes an acyl group] is carried out as follows. The allene derivative represented by formula (2) [wherein, R1 denotes hydrogen atom or an acyl group which may have a substituent; R2 and R3 denotes each the same meaning in formula (1)] is reacted with an acylating agent having an acyl group represented by R4 when R1 is simultaneously hydrogen atom and water when R1 is simultaneously the acyl group represented by R4 in the presence of an enzyme catalyst.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ある化合物が複数の光学異性体として存在し得る場合、ある光学異性体が他の光学異性体に比較して、例えば、医薬または農薬としての高い活性を示すことがある。したがって、特に、医薬・農薬の分野においては、ある特定の光学異性体を合成することを可能とする不斉合成が重要である。また、軸不斉を持つ光学活性アレンは、様々な光学活性化合物の合成中間体として有用である。
従来、リパーゼ等の酵素触媒を用いたラセミ体アレンの光学分割法は知られている(例えば、G. Gil et al.「Lipase-Catalyzed Ester Formation in Organic Solvents. Partial Resolution of Primary Allenic Alcohols」, Tetrahedron Letters, Vol.28, No.15, pp1647-1648, 1987参照)。
しかしながら、ラセミ体アレンの光学分割法は幾らか知られているものの、種々の置換基を有するアレン化合物をエナンチオ選択的に合成することは知られていない。



従って、様々な軸不斉アレンを光学純度良く、簡便に得る合成方法が望まれていた。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、光学活性な軸不斉アレンを製造する方法に関し、より詳しくは、酵素触媒を利用して、対称構造を有するアレン誘導体をエナンチオ選択的に非対称化することによって光学活性アレンを製造する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式(1)
【化1】
 


[式中、R2及びR3は、互いに異なり、水素原子、置換基を有していてもよいC1~C20アルキル基又は置換基を有していてもよいC6~C20アリール基を示し;R4はアシル基を示す]で示される光学活性アレンを製造する方法であって、リパーゼ酵素またはエステラーゼ酵素の存在下、下記式(2):
【化2】
 


[式中、R1は水素原子又は置換基を有していてもよいアシル基を示し、R2及びR3は上記と同意義を示す]で示されるアレン誘導体と、R1が同時に水素原子である場合はR4で示されるアシル基を有するアシル化剤と、R1が同時にR4で示されるアシル基である場合は水と、反応させることを特徴とする光学活性アレンを製造する方法。

【請求項2】
 
前記リパーゼ酵素またはエステラーゼ酵素が、カンジダ・アンタークチカ(Candida antarctica)リーゼ、シュードモナス・フルオレッセンス(Pseudomonas fluorescens)リパーゼ、シュードモナス・セパシア(Pseudomonas cepacia)リパーゼ、豚膵臓リパーゼ、豚肝臓エステラーゼ及びカンジダ・ルゴサ(Candida rugosa)リパーゼからなる群から選ばれる1種以上である請求項1に記載の光学活性アレンの製造方法。

【請求項3】
 
前記アシル化剤が、
【化3】
 


[式中、R4は、アシル基を示す]である請求項1または2に記載の光学活性アレンの製造方法。

【請求項4】
 
R1が、水素原子、置換基を有していてもよいC1~C20アルキルカルボニル基又は置換基を有していてもよいC6~C20アリールカルボニル基である請求項1~3のいずれかに記載の光学活性アレンの製造方法。

【請求項5】
 
R2及びR3が互いに異なり、水素原子、置換基を有していてもよいC1~C10アルキル基又は置換基を有していてもよいC6~C10アリール基である、請求項1~4のいずれかに記載の光学活性アレンの製造方法。

【請求項6】
 
R2及びR3が互いに異なり、水素原子、置換基を有していてもよいC1~C4アルキル基又は置換基を有していてもよいC6~C8アリール基である、請求項1~5のいずれかに記載の光学活性アレンの製造方法。

【請求項7】
 
R4がアセチル基、ブチリル基またはベンゾイル基である請求項1~6のいずれかに記載の光学活性アレンの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

16554_08SUM.gif
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close