Top > Search of Japanese Patents > GELLING AGENT AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR

GELLING AGENT AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR commons

Patent code P03P000800
File No. K056P01
Posted date Oct 21, 2003
Application number P2002-064487
Publication number P2003-261859A
Patent number P3813519
Date of filing Mar 8, 2002
Date of publication of application Sep 19, 2003
Date of registration Jun 9, 2006
Inventor
  • (In Japanese)直田 健
  • (In Japanese)郡 弘
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title GELLING AGENT AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a gelling agent generally having a gel forming capacity with respect to all of flowable compounds comprising molecules having various stereostructures and electronic properties regardless of polarity and non-polarity and capable of developing a gel forming capacity with high efficiency.
SOLUTION: The gelling agent utilizes π-π stacking as self-organizing flocculation force to form a three-dimensional structure and takes molecules of a flowable compound therein to gel the flowable compound. Further, the gelling agent has the response to the stimulation from the outside to gel the flowable compound by external stimulation.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ゲル化剤は、ゲル化剤自身の自己組織化によって3次元構造体を構築し、この3次元構造体内に、有機溶媒等の流動性化合物を取り込んでいる。これにより、流動性化合物の流動性を低下させ、固体状のゲルが形成される。このようなゲル形成能を有するゲル化剤として、これまでに、例えば図2(a)~(f)及び図3(a)(b)に示すように、数多くの低分子ゲル化剤が見出されている。



図2(a)~(f)に示す低分子ゲル化剤は、ゲル化を実現するために、自己組織化の主たる凝集力として水素結合を利用している(それぞれの低分子ゲル化剤に関する文献は次の通り。(a);K.Hanabusa,M.Yamada,M.Kimura,H.Shirai,Angew.Chem.Int.Ed.Engl.,35,p.1949(1996)、(b);J.Makarevic,M.Jokic,B.Peric,V.Tomisic,B.Kojic-P.,M.Zinic,Chem.Eur.J.,7,p.3328,(2001)、(c);J.van Esch,F.Schoonbeek,M.de Loos,H.Kooijman,A.L.Spek,R.M.Kellogg,B.L.Feringa,Chem.Eur.J.,5,p.937(1999)、(d);K.Yoza,Y.Ono,K.Yoshihara,T.Akao,H.Shinmori,M.Takeuchi,S.Shinkai,D.N.Reinhoudt,Chem.Commun.p.907(1998)、(e);U.Maitra,P.V.Kumar,N.Chandra,L.J.D'Souza,M.D.Prasanna,A.R.Raju,Chem.Commun.,p.595(1999)、(f);A.Ajayagosh,S.J.George,J.Am.Chem.Soc.,123,p.5148(2001))。



また、図3(a)(b)に示す低分子ゲル化剤は、コレステロール類似化合物等の疎水性部位(コレステロール部位)間に働くファンデルワールス力(分子間相互作用)を利用して、低分子ゲル化剤を凝集させている(文献:(a);Y.C.Lin,B.Kachar,R.G.Weiss,J.Am.Chem.Soc.,111,p.5542(1989)、(b);K.Murata,M.Aoki,T.Suzuki,T.Harada,H.Kawabata,T.Komori,F.Ohseto,K.Ueda,S.Shinkai,J.Am.Chem.Soc.,116,p.6664(1994))。



上記の低分子ゲル化剤は、水素結合やファンデルワールス力を利用して、低分子ゲル化剤を自己集合させて3次元構造を形成し、流動性化合物を取り込むことによって、ゲル化している。



上記の低分子ゲル化剤のうち、図2(e)に示す低分子ゲル化剤は、自己組織化の凝集力として、主として水素結合を利用し、さらに、補助的にドナー・アクセプター相互作用を用いている。また、図2(f)に示す低分子ゲル化剤は、水素結合を主な凝集力とし、補助的にπ-πスタッキングを利用している。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、液状化合物に添加することにより、流動性化合物の流動性を低下させて固化させるゲル化剤に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ビスサリチルアルジミンを配位子として有する環状多核金属錯体を含んでいることを特徴とするゲル化剤。

【請求項2】
 
上記環状多核金属錯体は、一般式
【化1】
 


(式中、M1,M2は、それぞれ2価の金属を表し、R1~R8は、それぞれH又はアルキル基を表し、nは、5又は7である)にて表され、anti体であることを特徴とする請求項1記載のゲル化剤。

【請求項3】
 
(CR9R10m鎖(ここで、R9,R10は、それぞれH又はアルキル基を表し、mは、5又は7である)を有するビスサリチルアルジミンと2価の金属塩とを反応させることを特徴とするゲル化剤の製造方法。

【請求項4】
 
anti体を単離することを特徴とする請求項3記載のゲル化剤の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

14593_12SUM.gif
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) PRESTO Synthesis and Control AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close