Top > Search of Japanese Patents > EJECTION APPARATUS

EJECTION APPARATUS

Patent code P03A003212
Posted date Dec 22, 2003
Application number P2002-040210
Publication number P2003-236395A
Patent number P3726104
Date of filing Feb 18, 2002
Date of publication of application Aug 26, 2003
Date of registration Oct 7, 2005
Inventor
  • (In Japanese)澤井 秀次郎
  • (In Japanese)橋本 樹明
  • (In Japanese)久保田 孝
  • (In Japanese)川口 淳一郎
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
Title EJECTION APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an ejection apparatus capable of detecting a zero weight state with a simple and low cost structure.
SOLUTION: The ejection apparatus is provided with: a coil spring 2 energizing a specimen 1; a rope 1a one end of which is fixed to the specimen 1; an upper side member 5 and a lower side member 22 which are opposed vertically to each other and are holding another end of the rope 1a from the upper side and the lower side; and a heavy weight body 3 attached on the upper side member 5. In the weighted state, the specimen 1 is pulled by the rope 1a and energized by the coil spring 2, the upper side member 5 is pressed by the heavy weight body 3 downward and another end of the rope 1a is held between the upper side member 5 and the lower side member 22. When the weighted state is changed to the zero weight state, the upper side member 5 is not pressed by the heavy weight body 5 to release the holding and the specimen 1 is pushed by the coil spring 2 and ejected.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


無重量環境下、例えば落下塔などを利用した無重量実験で実現される環境下では、供試体を所望の初期速度で射出する射出装置がしばしば用いられる。このような実験では、落下塔内で実験室を落下させ、無重量状態の実験室内で供試体を射出し、無重量状態での供試体の軌跡などを観測する。無重量状態が維持される時間は短いので、重量状態から無重量状態になると同時に供試体が射出されることが必要とされている。



従来の射出装置は、重量状態から無重量状態になったときに信号を発信するセンサーを有している。センサーからの信号は処理部に送られ、処理部はこの信号に応じて射出装置に供試体を射出させる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、供試体を射出する射出装置に関する。特に、無重量環境下で供試体を所望の初期速度で射出する射出装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 重量状態から無重量状態になったときに供試体を射出する射出装置であって、
供試体を付勢する付勢手段と、
一端が供試体に固定されていて、前記付勢手段により供試体が付勢されるよう供試体を引っ張るロープと、
互いに上下に対向し、前記ロープの他端に設けられた被挟持部を上下から挟持する上側部材及び下側部材と、
前記上側部材の上に取り付けられている重量体と、
を備えており、
重量状態のときには、供試体がロープに引っ張られていて付勢手段により付勢されている状態で、重量体により上側部材が下方に押されていて被挟持部が上側部材及び下側部材により挟持されており、
重量状態から無重量状態になったときに、重量体により上側部材が押されなくなり、被挟持部での挟持が解除され、供試体は付勢手段により押されて射出されることを特徴とする射出装置。
【請求項2】
 前記射出装置は、供試体が射出される方向が所望の方向に向くよう、前記付勢手段を方向付ける配向機構をさらに備えていることを特徴とする請求項1に記載の射出装置。
【請求項3】
 重量状態から無重量状態になったときに供試体を射出する射出装置であって、
供試体を付勢する付勢手段と、
前記付勢手段により供試体が付勢された状態になるよう、供試体に力を加えて保持する保持部材と、
重量体と、
前記重量体が固定されており、重量状態のときに前記重量体により下方に力を加えられる作用部材と、
前記作用部材に加えられる力を前記保持部材に伝達して、保持部材に供試体を保持させる伝達機構と、
を備えており、
重量状態のときには、重量体により作用部材に加えられる力が伝達機構により保持部材に伝達されていて、供試体は付勢手段により付勢された状態で保持部材により保持されており、
重量状態から無重量状態になったときに、重量体から保持部材に伝達されていた力がなくなり、供試体は付勢手段により押されて射出されることを特徴とする射出装置。
【請求項4】
 前記射出装置は、供試体が射出される方向が所望の方向に向くよう、前記付勢手段を方向付ける配向機構をさらに備えていることを特徴とする請求項3に記載の射出装置。
【請求項5】
 前記保持部材は、重量状態のときに供試体に接していて、重量状態から無重量状態になったときに供試体から離間し、
前記射出装置は、重量状態から無重量状態になった後に保持部材を供試体から離間した状態に維持する離間手段をさらに備えていることを特徴とする請求項3又は4に記載の射出装置。
【請求項6】
 前記離間手段は、第1の磁性体と、この第1の磁性体と引き合う第2の磁性体とをさらに備えており、
前記第1の磁性体は、前記保持部材、前記伝達機構及び前記作用部材の内の少なくとも1つに設けられた作用部に固定されており、
この作用部は、重量状態から無重量状態になって保持部材が供試体から離間すると、保持部材に連動して接合位置に移動し、
前記第2の磁性体は、前記作用部が接合位置に位置しているときに前記第1の磁性体と接触する位置に配置されており、
重量状態から無重量状態になると、供試体から離間する保持部材に連動して作用部が接合位置に移動し、そして第1の磁性体と第2の磁性体が磁気的に接合し、この結果、保持部材が供試体から離間した状態に維持されることを特徴とする請求項5に記載の射出装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002040210thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close