Top > Search of Japanese Patents > HIGHLY PHOSPHORESCENT TRIPHENYLENE DERIVATIVE

HIGHLY PHOSPHORESCENT TRIPHENYLENE DERIVATIVE commons

Patent code P03A003220
File No. A121P150
Posted date Dec 22, 2003
Application number P2002-051024
Publication number P2003-252880A
Patent number P4100933
Date of filing Feb 27, 2002
Date of publication of application Sep 10, 2003
Date of registration Mar 28, 2008
Inventor
  • (In Japanese)松本 英之
  • (In Japanese)久新 荘一郎
  • (In Japanese)田中 陵二
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title HIGHLY PHOSPHORESCENT TRIPHENYLENE DERIVATIVE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To establish a synthetic method for introducing an alkylsilyl group as a substituent to a triphenylene to obtain the triphenylene having the alkylsilyl group generates strong phosphorescence and has an high conversion rate of phosphorescence as compared with those of conventional strongly phosphorescent substances, and also has advantages such as increased processability since it is soluble in an organic solvent.
SOLUTION: This highly phosphorescent triphenylene derivative is a compound expressed by attaching a silyl group expressed by general formula: SiR3 (wherein, R's are each H, an alkyl, vinyl or an aryl, and at least 2 of the R's are each the alkyl) to a triphenylene skeleton.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


現在までの無機蛍光性物質は粉末状で入手できるのみであり、加工性及び光透過性に乏しいため、透明なフィルム状に成形することは困難であった。高分子バインダーに混和させることにより、加工性は増大するものの、光透過性は乏しい。また、有機蛍光性及びリン光性物質はそのケイ光及びリン光強度が不十分であり、良好な光強度を確保することが困難であった。
有機リン光性物資としてトリフェニレンが知られており、有機ダイオードの感光性物質(特表2001-516150)など様々な用途に用いられている。

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、高収率でリン光を発光するトリフェニレン誘導体に関し、より詳細には、アルキルシリル基を有するトリフェニレン誘導体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
トリフェニレン骨格に、一般式-SiR3(式中、Rはそれぞれ水素原子、アルキル基、ビニル基又はアリル基を表し、Rのうち少なくとも2個はアルキル基である。)で表されるアルキルシリル基を有するトリフェニレン誘導体。

【請求項2】
 
下式


(式中、R’は前記アルキルシリル基を表す。)で表される請求項1に記載のトリフェニレン誘導体。

【請求項3】
 
前記アルキル基の炭素数が3以下である請求項1又は2に記載のトリフェニレン誘導体。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか一項に記載のトリフェニレン誘導体が混入された透明プラスチック。

【請求項5】
 
フィルム状の請求項4に記載の透明プラスチック。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

21249_03SUM.gif
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST Creation and Functions of New Molecules and Molecular Assemblies AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close