Top > Search of Japanese Patents > POLYPEPTIDE HAVING TRANSPORTATION ACTIVITY AND GENE ENCODING THE SAME

POLYPEPTIDE HAVING TRANSPORTATION ACTIVITY AND GENE ENCODING THE SAME

Patent code P03A003954
File No. U2002P037
Posted date Mar 12, 2004
Application number P2002-164694
Publication number P2004-008055A
Patent number P3706912
Date of filing Jun 5, 2002
Date of publication of application Jan 15, 2004
Date of registration Aug 12, 2005
Inventor
  • (In Japanese)三輪 聡一
  • (In Japanese)滝川 修
  • (In Japanese)長井 和彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 北海道大学
Title POLYPEPTIDE HAVING TRANSPORTATION ACTIVITY AND GENE ENCODING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an effective means for enhancing activity of OCTN2 for transporting carnitine and an acylcarnitine into a cell.
SOLUTION: The gene comprises (a) a DNA composed of a specific base sequence derived from swine brain or (b) a DNA which is hybridized with the DNA composed of the base sequence of (a) under a stringent condition and encoding a protein having carnitine or acylcarnitine transportation activity of OCTN2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


カルニチンはミトコンドリア内における長鎖脂肪酸の代謝に必須の分子である。細胞内の脂肪酸(アシルCoA)は、カルニチンと結合してアシルカルニチンとなって初めてミトコンドリア内膜を通過できるようになり、ミトコンドリア内においてβ酸化を受け、エネルギーが産生される[Bremer,J., Carnitine-Metabolism and Functions. Physiol. Rev., 63,1420-1480 (1983)]。



また、カルニチンが全身性に欠乏すると、低血糖や高アンモニア血症などReye症候群症状や心肥大を来たす[Wang, Y., et al., Mutations in the organic cation/carnitine transporter OCTN2 in primary carnitine deficiency. Proc. Natl. Acad. Sci., USA., 96, 2356-2360 (1999)]。一方、長期にわたる原因不明の強い全身疲労・倦怠感を主訴とする慢性疲労症候群の患者では、血清アシルカルニチンレベルが低下し、同時に脳へのアセチルカルニチン取り込みも低下しており、アセチルカルニチンの投与でその症状が改善する。



さらに、アセチルカルニチンは興奮性の神経伝達物質の生合成にも利用される[倉恒弘彦 慢性疲労症候群の病因と治療, 111-118頁,疲労の科学(井上正康,倉恒弘彦,渡辺恭良編),講談社サイエンティフィク,(2001)]。



このように細胞のエネルギー代謝や神経伝達物質生合成において重要なカルニチンやアセチルカルニチンは、有機性陽イオン輸送分子(以下OCTN2ともいう。)で輸送される[Tamai, I. et al., Molecular and functional identification of sodium ion-dependent, high affinity carnitine transporter OCTN2. J. Biol. Chem., 273, 20378-20382 (1998)]。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、新規ポリペプチド及びそれをコード化する遺伝子に関し、特に、カルニチン及び/又はアシルカルニチン輸送分子である有機性陽イオン輸送分子(OCTN2)を活性化する新規ポリペプチド及びそれをコード化する遺伝子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
以下の(a)又は(b)のDNAからなる遺伝子。
(a)配列表の配列番号1に示す、塩基配列234-671で示される塩基配列からなることを特徴とするDNA。
(b)(a)の塩基配列からなるDNAとストリンジェントな条件下でハイブリダイズし、かつ、OCTN2のカルニチン又はアシルカルニチン輸送活性を増強させるタンパク質をコード化するDNA。

【請求項2】
 
配列表の配列番号1に示す、塩基配列234-671で示される塩基配列の10個以下の塩基が欠失、置換若しくは付加された塩基配列からなり、かつ、OCTN2のカルニチン又はアシルカルニチン輸送活性を増強させるタンパク質をコード化することを特徴とするDNA。

【請求項3】
 
以下の(a)又は(b)に示すアミノ酸配列からなることを特徴とする、ポリペプチド。
(a)配列表の配列番号2に示す、アミノ酸番号1-146で示されるアミノ酸配列からなることを特徴とする、ポリペプチド。
(b) OCTN2のカルニチン又はアシルカルニチン輸送活性を増強させる能力を有し、かつ、(a)のアミノ酸配列の数個以下のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列からなることを特徴とする、ポリペプチド。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close