Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR SYNTHESIZING β-HYDROXYKETONE AND CATALYST THEREFOR

METHOD FOR SYNTHESIZING β-HYDROXYKETONE AND CATALYST THEREFOR

Patent code P04A004046
File No. GI-H14-10
Posted date Apr 28, 2004
Application number P2002-206839
Publication number P2004-049937A
Patent number P3837511
Date of filing Jul 16, 2002
Date of publication of application Feb 19, 2004
Date of registration Aug 11, 2006
Inventor
  • (In Japanese)杉 義弘
  • (In Japanese)窪田 好浩
  • (In Japanese)後藤 邦雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title METHOD FOR SYNTHESIZING β-HYDROXYKETONE AND CATALYST THEREFOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for synthesizing β-hydroxyketone and a catalyst therefor which can improve the yield of β-hydroxyketone.
SOLUTION: The catalyst consists of silicas and an organic amine and is used for the Claisen-Schmidt reaction between an aromatic aldehyde and a ketone. In the method for synthesizing β-hydroxyketone, the Claisen-Schmidt reaction between the aromatic aldehyde and the ketone is performed in the presence of the catalyst. The catalyst is constituted in such a manner that the silicas and the organic amine are mixed or the organic amine is fixed with the surface of the silicas. Because the effect of facilitating the reaction between a reaction intermediate and the aromatic aldehyde is remarkable, the catalyst is preferably constituted in such a manner that the organic amine is fixed with the surface of the silicas. Further, it is preferable that the silica is a mesoporous silica and the organic amine is a secondary amine.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、各種化学製品の中間体等として使用されるβ-ヒドロキシケトンは、水酸化ナトリウム等の塩基性触媒の存在下に、芳香族アルデヒドとケトンとのクライゼンシュミット反応(Claisen Schmidt reaction)を行うことによって合成されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、芳香族アルデヒドとケトンとのクライゼンシュミット反応に用いられる触媒及びβ-ヒドロキシケトンの合成方法に関するものである。より詳しくは、β-ヒドロキシケトンの収率を向上させることができるβ-ヒドロキシケトンの合成方法及び触媒に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アモルファスシリカ及びメソポーラスシリカから選ばれる少なくとも一種と有機アミンとから構成され、芳香族アルデヒドとケトンとのクライゼンシュミット反応に用いられることを特徴とする触媒。

【請求項2】
 
ソポーラスシリカと有機アミンとから構成される請求項1に記載の触媒。

【請求項3】
 
機アミンとしてアルコキシシラン基を有する第一級アミン又はアルコキシシラン基を有する第二級アミンと、表面にシラノール基が存在するアモルファスシリカ及びメソポーラスシリカから選ばれる少なくとも一種が、アルコキシシラン基とシラノール基との脱アルコール反応によって、有機アミンが前記シリカの表面に固定化される請求項1に記載の触媒。

【請求項4】
 
前記有機アミンは第二級アミンである請求項1又は請求項2に記載の触媒。

【請求項5】
 
請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の触媒の存在下に、芳香族アルデヒドとケトンとのクライゼンシュミット反応を行いβ-ヒドロキシケトンを合成することを特徴とするβ-ヒドロキシケトンの合成方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close