Top > Search of Japanese Patents > SYSTEM AND METHOD FOR HEARING AID

SYSTEM AND METHOD FOR HEARING AID commons meetings

Patent code P04A004061
File No. U2001P259
Posted date Apr 28, 2004
Application number P2002-215762
Publication number P2004-064141A
Patent number P3548805
Date of filing Jul 24, 2002
Date of publication of application Feb 26, 2004
Date of registration Apr 30, 2004
Inventor
  • (In Japanese)和田 仁
  • (In Japanese)小池 卓二
  • (In Japanese)小林 俊光
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東北大学
Title SYSTEM AND METHOD FOR HEARING AID commons meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a system and method for a hearing aid, capable of realizing an accurate sound pressure amplification characteristic even in a range of high sound frequencies without the need for the system to be intruded into a human body.

SOLUTION: Voice picked up by a microphone 11 is transduced into an electric signal and amplified by an amplifier 13. The amplified electric signal is fed to a primary coil 15 as an AC current. When the AC current flows through a primary coil 15, the magnetic field around the primary coil 15 is temporally changed and an induced electromotive force is generated in a secondary coil 17. A current by the induced electromotive force is supplied to a vibration coil 21 electrically connected to the secondary coil 17. When the current by the induced electromotive force is supplied to the vibration coil 21, an induced magnetic field caused by the induced electromotive force is generated around the vibration coil 21. The interaction between the induced magnetic field and a static magnetic field formed by a permanent magnet 19 excites the vibration coil 21 provided to a tympanic face.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)
補聴器とは、難聴の人のために、音を集めたり増幅したりして聞こえやすくするための装置である。現在使用されている補聴器は大きく二つのタイプに分けることができる。一つは、一般に普及しているイヤホンタイプの補聴器である。このタイプの補聴器は、外耳領域に配置され、外部音声を増幅して出力し、空気の振動により鼓膜を振動させるものである。その形態としては、例えば携帯型イヤホンラジオ型のもの,耳かけ型のもの,耳栓のように外耳道への挿入型のもの等がある。
【0003】
もう一つは、ピエゾ素子や永久磁石等の振動子を直接耳小骨に取り付けて駆動させる人工中耳タイプの補聴器である。このタイプの補聴器は、外耳道の音響特性の影響を受けないから、質の高い音を提供することができる。
【0004】
しかしながら、各タイプの補聴器には、それぞれ以下に述べる問題がある。
【0005】
イヤホンタイプの補聴器は、狭く複雑な形状の外耳道に配置されるため、高音域まで正確な音圧増幅特性を実現するのは困難である。すなわち、音が伝わる経路が、外耳道の如く管状で複雑な形状をしている場合、共振や干渉が生じる。従って、補聴器を通した聞こえ方は、自然音と違ってしまう。
【0006】
また、人工中耳タイプの補聴器は、振動子を取り付ける際に頭蓋骨の一部を削り取る,中耳の耳小骨を取り除く等、人体への“侵襲”を必要とする。従って、使用者への精神的、肉体的な負担は大きい。
Field of industrial application (In Japanese)
本発明は、電磁コイルを用いて、鼓膜面に留置された振動コイルを振動させる補聴システム及び補聴方法に関する。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 外耳領域から鼓膜にかけて設けられる補聴システムであって、
入力した外部音声に基づいて電流を発生する電流発生手段と、
前記電流に基づいて、磁場の時間的変化を誘導する第1のコイルと、
前記磁場の時間的変化に基づいて、誘導起電力を発生する第2のコイルと、
前記鼓膜に対向して設けられる磁場発生手段と、
前記第2のコイルと電気的に接続され、かつ前記鼓膜に設けられるコイルであって、前記誘導起電力に基づいて極性が変化する磁場を発生し、当該極性が変化する磁場と前記磁場発生手段が発生する磁場との相互作用により自身が振動することで前記鼓膜を振動させる振動コイルと、
を具備することを特徴とする補聴システム。
【請求項2】
 前記振動コイルは、前記鼓膜の外耳領域側の面に、オイル又はクリップを用いて接着されていることを特徴とする請求項1記載の補聴システム。
【請求項3】
 人体との接触部分については、生体適合性のある絶縁素材にて被覆されていることを特徴とする請求項1記載の補聴システム。
【請求項4】
 外耳領域に設けられた音声入力手段から入力した前記外部音声に基づいて交流電流を発生させ、
前記交流電流を第1のコイルに流すことによって、磁場の時間的変化を誘導し、
前記磁場の時間的変化に基づいて、第2のコイルに誘導起電力を発生させ、
前記誘導起電力に基づいて極性が変化する誘導磁場を、鼓膜に設けられた振動コイルに発生させ、
前記鼓膜に対向して設けられた磁石による静磁場と、前記振動コイルが発生する誘導磁場により、前記振動コイルを振動させることで前記鼓膜を振動させること、
を特徴とする補聴方法。
【請求項5】
 前記振動コイルは、前記鼓膜の外耳領域側の面に、オイル又はクリップを用いて接着されていることを特徴とする請求項4記載の補聴方法。
Industrial division
  • Therapeutic hygiene
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002215762thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close