Top > Search of Japanese Patents > WAVE DYNAMIC PRESSURE STRESS LOAD APPARATUS

WAVE DYNAMIC PRESSURE STRESS LOAD APPARATUS

Patent code P04A004067
File No. U2002P085
Posted date Apr 28, 2004
Application number P2002-217322
Publication number P2004-061189A
Patent number P3660993
Date of filing Jul 25, 2002
Date of publication of application Feb 26, 2004
Date of registration Apr 1, 2005
Inventor
  • (In Japanese)飯塚 健治
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 北海道大学
Title WAVE DYNAMIC PRESSURE STRESS LOAD APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an apparatus capable of exerting wave dynamic pressure stress load for the purpose of reproducing physiological pressure variations.
SOLUTION: The wave dynamic pressure stress load apparatus is constituted of a booster pump; a digital relay box; a pressure transmitter with a solenoid valve; and a main body as a container housing a biological sample. By this, the wave dynamic pressure stress load apparatus constituted of the booster pump; the digital relay box; the pressure transmitter with the solenoid valve; and the main body as a container housing the biological sample is provided. By using the wave dynamic pressure stress load apparatus, it is possible to exert the biological sample such as a cell with wave dynamic stress load simulating pressure changes etc. associated with a blood flow in a living body by, for example, the pulsation of a heart.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来より心血管領域の研究において、心拍動や高血圧によって心臓や血管に引き起こされる物理的な刺激の要素を培養細胞などのin vitroで再現するモデルの作製が各方面で試みられている。これまでに、血管の拍動に伴う組織の引き延ばしを再現する「伸展刺激装置」や血流によって引き起こされる「ずり応力」を再現する装置に代表される様に、物理的刺激を幾つかの構成要素に分けて負荷するシステムが開発されている。



本発明者らは、数年前よりこの物理的刺激の3つめの構成要素である「圧力」に注目し、これを再現する装置の開発を試みた。このシステムによって、披検体に一定の大気圧をかけることで静圧的ストレスを負荷することが可能となり、内部に導入する披検体の種類を様々に入れ替えることで、複数の組織での圧負荷を検討できるのみならず、様々な降圧剤の薬理反応を細胞レベルで検討することが可能となった。



しかしながら、生体においては血圧に見られるように、負荷される圧力は一定の値に保持されるものではなく、心臓の拍動に伴って一定範囲で変動することから、より生理的条件に近い圧力の変動(波動圧ストレス)を再現するシステムの構築が必要であると考えられた。さらに、培養細胞に対して加圧負荷を加える概念は以前より存在し、実際に加圧負荷を用いた実験結果の報告も行われているが、これらの系では細胞培養に用いるディッシュやプレートを直接加圧することはできず、またシステムを繰り返し使用することや、実際に細胞に負荷されている圧力を逐次モニターすることは困難であった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、心臓の拍動などの生体内における生理的な圧力変動を再現する、波動圧ストレス負荷装置に関する。更に本発明は、当該波動圧ストレス負荷装置を用いて、細胞などの生体試料に波動圧ストレス負荷をかける方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 加圧ポンプ、デジタルリレーボックス、電磁弁付き圧力トランスミッター及び生体試料を収容する容器である本体から構成されることを特徴とする、波動圧ストレス負荷装置。
【請求項2】
 請求項1記載の装置を用いて、生体試料に波動圧ストレス負荷をかける方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002217322thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close