Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR RAISING CAMPTOTHECIN-PRODUCING PLANT AND METHOD FOR PRODUCING CAMPTOTHECIN

METHOD FOR RAISING CAMPTOTHECIN-PRODUCING PLANT AND METHOD FOR PRODUCING CAMPTOTHECIN commons

Patent code P04A004078
File No. P02-003
Posted date Apr 28, 2004
Application number P2002-225617
Publication number P2004-065030A
Patent number P3870234
Date of filing Aug 2, 2002
Date of publication of application Mar 4, 2004
Date of registration Oct 27, 2006
Inventor
  • (In Japanese)須藤 浩
  • (In Japanese)山崎 真巳
  • (In Japanese)相見 則郎
  • (In Japanese)斉藤 和季
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 千葉大学
Title METHOD FOR RAISING CAMPTOTHECIN-PRODUCING PLANT AND METHOD FOR PRODUCING CAMPTOTHECIN commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for raising a camptothecin-producing plant with a high ingredient content such as camptothecin, vigorously growing and easily cultivated with high productivity, and a method for producing the camptothecin and its analogs using the plant.
SOLUTION: The method for raising the camptothecin-producing plant is characterized by artificially mating Ophiorrhiza pumila with Ophiorrhiza kuroiwai. The method for producing the camptothecin and/or its analogs is characterized by propagating and cultivating the resultant hybrid plant obtained by the artificial mating and extracting the camptothecin and/or its analogs from the grown plant. Furthermore, the method for producing the camptothecin and/or its analogs is characterized by aseptically culturing the hybrid plant obtained by the artificial mating and extracting the camptothecin and/or its analogs from the cultured cell thereof.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


カンプトテシンは、制癌剤、抗ウイルス剤等の医薬品原料として有用な化合物で、インドールアルカロイドを経て生合成されるキノリンアルカロイドの一種である。
カンプトテシンの製造法としては、圃場で栽培したキジュまたはクサミズキを収穫し、抽出、精製する方法が一般的であるが、キジュ、クサミズキは木本植物であり、急速な繁殖が難しく、また収穫までに長期間の年限を要するという問題点を有する。
また、有機合成による方法も提案されているが、多段階の反応を要するため収率が低く、実用化には至っていない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、抗癌剤カンプトテシン誘導体の原料であるカンプトテシンとその類縁体を効率的に生産するための材料植物の育成方法、及びこの植物を用いたカンプトテシンとその類縁体の生産方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  チャボイナモリ(Ophiorrhiza pumila)とリュウキュウイナモリ(Ophiorrhiza kuroiwai)を人工交配し、
カンプトテシンの成分含有量が高く、生育の旺盛な雑種個体を選抜する、
ことを特徴とする、親植物であるチャボイナモリよりもカンプトテシンの高い生産性を有する、カンプトテシン生産植物の育成方法。
【請求項2】
  チャボイナモリ(Ophiorrhiza pumila)とリュウキュウイナモリ(Ophiorrhiza kuroiwai)を人工交配し、
カンプトテシン、チャボサイド(10-グルコピラノシルオキシ-9-メトキシカンプトテシン)及び/又は9-メトキシカンプトテシンの成分含有量が高く、生育の旺盛な雑種個体を選抜し、
親植物であるチャボイナモリよりもカンプトテシン、チャボサイド(10-グルコピラノシルオキシ-9-メトキシカンプトテシン)及び/又は9-メトキシカンプトテシンの高い生産性を有する、得られた雑種個体を増殖、栽培し、
生長した植物から抽出することを特徴とする、カンプトテシン、チャボサイド(10-グルコピラノシルオキシ-9-メトキシカンプトテシン)及び/又は9-メトキシカンプトテシンの生産方法。
【請求項3】
  チャボイナモリ(Ophiorrhiza pumila)とリュウキュウイナモリ(Ophiorrhiza kuroiwai)を人工交配することにより得られた雑種植物の中から、カンプトテシン、チャボサイド(10-グルコピラノシルオキシ-9-メトキシカンプトテシン)及び/又は9-メトキシカンプトテシンの成分含量が高く、生育の旺盛な雑種個体を選別し、増殖、栽培し、
生長した、親植物であるチャボイナモリよりもカンプトテシン、チャボサイド(10-グルコピラノシルオキシ-9-メトキシカンプトテシン)及び/又は9-メトキシカンプトテシンの高い生産性を有する植物から抽出することを特徴とする、カンプトテシン、チャボサイド(10-グルコピラノシルオキシ-9-メトキシカンプトテシン)及び/又は9-メトキシカンプトテシンの生産方法。
【請求項4】
  チャボイナモリ(Ophiorrhiza pumila)とリュウキュウイナモリ(Ophiorrhiza kuroiwai)を人工交配することにより得られた、カンプトテシン、チャボサイド(10-グルコピラノシルオキシ-9-メトキシカンプトテシン)及び/又は9-メトキシカンプトテシンの成分含量が高く、増殖の旺盛な雑種個体を無菌培養し、
得られた、親植物であるチャボイナモリよりもカンプトテシン、チャボサイド(10-グルコピラノシルオキシ-9-メトキシカンプトテシン)及び/又は9-メトキシカンプトテシンの高い生産性を有する培養細胞から抽出することを特徴とする、カンプトテシン、チャボサイド(10-グルコピラノシルオキシ-9-メトキシカンプトテシン)及び/又は9-メトキシカンプトテシンの生産方法。
【請求項5】
  サイトカイニンを添加した培地で培養する請求項4に記載の生産方法。
【請求項6】
  人工交配することにより得られた雑種個体の中からカンプトテシン、チャボサイド(10-グルコピラノシルオキシ-9-メトキシカンプトテシン)及び/又は9-メトキシカンプトテシンの成分含量の高い個体を選別し、無菌培養する請求項4又は5に記載の生産方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

16099_01SUM.gif
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close