Top > Search of Japanese Patents > FLUID CIRCULATING APPARATUS

FLUID CIRCULATING APPARATUS commons

Patent code P04A004126
File No. WASEDA-173
Posted date May 14, 2004
Application number P2002-167836
Publication number P2004-008586A
Patent number P4165691
Date of filing Jun 7, 2002
Date of publication of application Jan 15, 2004
Date of registration Aug 8, 2008
Inventor
  • (In Japanese)梅津 光生
  • (In Japanese)岩▲崎▼ 清隆
Applicant
  • (In Japanese)学校法人早稲田大学
Title FLUID CIRCULATING APPARATUS commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fluid circulating apparatus with which a circulation state is made to resemble that of blood in a living body, and the blood compatibility of an artificial organ and a base material is easily and reliably evaluated, or the like, even when an animal experiment is not performed or the number of the experiments is reduced compared with a conventional method.
SOLUTION: This fluid circulating apparatus 10 includes: a drive pump 12 for generating a beat stream; and a circulation flow path 13 which is arranged between the flow-out port 19 and the flow-in port 20 of the drive pump 12. The circulation flow path 13 is constituted to allow blood discharged from the flow-out port 19 of the drive pump 12 to flow into the flow-in port 20 by non-contact with outer air. The apparatus 10 also includes: a resistance giving means 23 for giving flow resistance to the blood; and a second connection pump 30 which is arranged on the downstream side of the means 23, so as to attenuate the pressure pulse of the blood. Thus, the blood is circulated in the state resembling the circulation of the blood in the living body.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


人体の血液に接触する人工臓器及び素材材料(以下、人工臓器等と称する)は、血液に対する適合性が良好でなければならず、当該血液適合性を製品化前に十分に調査することが必要である。ここで、前記血液適合性の調査手法としては、所定のポンプと血液パックとをチューブで接続してなる循環流路の途中に人工臓器等を配置し、前記循環流路内の血液を定常流状態で循環させて人工臓器等の血液適合性を調査及び評価する手法が知られている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、流体循環装置に係り、更に詳しくは、生体内の血液の循環状況に擬似させることができ、人工臓器や素材材料における血液適合性の調査等に適した流体循環装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
拍動流を生成する駆動ポンプと、この駆動ポンプの流出口及び流入口間に配置された循環流路とを備え、前記駆動ポンプの作動により、前記循環流路内の流体を循環させる流体循環装置において、
前記循環流路は、前記流体に流れ抵抗を付与する抵抗付与手段と、この抵抗付与手段の下流側に配置されて流体の脈圧を減衰させる脈圧減衰手段と、前記抵抗付与手段の上流側で前記脈圧の振幅調整をする振幅調整手段とを備え、生体内の血液の循環に擬似した状態で前記流体が循環することを特徴とする流体循環装置。

【請求項2】
 
前記振幅調整手段は、肉厚を変えることで前記振幅調整が可能な調整チューブにより構成されていることを特徴とする請求項1記載の流体循環装置。

【請求項3】
 
前記駆動ポンプは、略円錐状をなす周壁と、この周壁を底側から閉塞するダイアフラムとを備え、
前記周壁は、その頂部に設けられて上端側が前記流出口となる流出ポートと、前記頂部に連なる主部に対して略接線方向に延び、且つ、先端側が前記流入口となる流入ポートとを含み、
前記駆動ポンプは、前記ダイアフラムが変位することにより、前記周壁の内側に形成された空間の容積が変化して、前記空間内に流入した流体が旋回渦流を生じながら吐出することを特徴とする請求項1又は2記載の流体循環装置。

【請求項4】
 
前記脈圧減衰手段は、前記駆動ポンプと略同一の構成からなるポンプにより構成されていることを特徴とする請求項3記載の流体循環装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002167836thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close