Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING PHENOL DERIVATIVE OF LIGNIN

METHOD FOR PRODUCING PHENOL DERIVATIVE OF LIGNIN

Patent code P04P001058
File No. A152P36
Posted date Jun 18, 2004
Application number P2002-302149
Publication number P2004-137347A
Patent number P4044413
Date of filing Oct 16, 2002
Date of publication of application May 13, 2004
Date of registration Nov 22, 2007
Inventor
  • (In Japanese)舩岡 正光
  • (In Japanese)永松 ゆきこ
  • (In Japanese)永松 和成
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title METHOD FOR PRODUCING PHENOL DERIVATIVE OF LIGNIN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technique for controlling an introduction ratio of a phenolic compound to be introduced or an introduction ratio between two or more phenolic compounds to be introduced in obtaining a phenol derivative of lignin from a lignocellulose material.
SOLUTION: The method comprises (a) a step for obtaining a first lignin phenol derivative by adding an acid to a lignocellulose material previously made affinitive using a first phenolic compound and (b) a step for obtaining an (n+1)th lignin phenol derivative by adding an acid to the nth lignin phenol derivative previously made affinitive using an (n+1)th phenolic compound, and the step (b) is sequentially carried out N times from n=1 to n=N (wherein N is an integer of at least 1) to obtain an (n+1)th lignin phenol derivative in respective steps (b).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


植物体の主たる構成成分である細胞壁構成成分、すなわち、リグニンとセルロースやヘミセルロースなどとの複合系含有材料(以下、リグノセルロース系材料という。)を、これをフェノール誘導体と酸とを用いて分離・誘導体化する技術がある(例えば、特許文献1、特許文献2参照。)。
かかる技術においては、リグニンをリグニン-セルロースマトリックスから分離するために、相分離という手法を用いている。すなわち、予め、リグノセルロース系材料をフェノール化合物で溶媒和させておくかあるいは収着しておいた上で、リグノセルロース系材料を酸と接触させることにより、リグニンにフェノール化合物をグラフトさせると同時にリグニンをセルロースとのマトリックスから分離するというものである。
また、これらの方法において、分離効率を改善する技術もある(特許文献3)。



【特許文献1】
特開平2-233701号公報
【特許文献2】
特開平9-278904号公報
【特許文献3】
特開2001-131201号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、植物体の構成成分であるリグニンの構成ユニットにフェノール誘導体を導入して、リグニンのフェノール誘導体を形成する技術に関し、特に、2種類以上のフェノール誘導体の導入に際して導入量や導入比率等の制御を容易に実現してリグニンのフェノール誘導体の構造を精密に制御する技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
リグニンのフェノール誘導体の生産方法であって、
(a)第1のフェノール化合物で予め親和したリグノセルロース系材料に酸を添加して第1次リグニンフェノール誘導体を得る工程、及び
(b)第(n+1)のフェノール化合物で予め親和した前記n次リグニンフェノール誘導体に酸を添加して第(n+1)次のリグニンフェノール誘導体を得る工程、
を備え、nが1からN(Nは1以上の整数である)までの計N回の前記(b)工程を順次実施し、各(b)工程において第(n+1)次リグニンフェノール誘導体を得る方法。

【請求項2】
 
前記(b)工程において、Nは1以上3以下の整数である、請求項1記載の方法。

【請求項3】
 
前記(b)工程において用いる前記第n次リグニンフェノール誘導体は前記(a)工程で同時に生成したリグノセルロース系材料由来の炭水化物の少なくとも一部を含む組成物として供給されている、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項4】
 
前記(b)工程の少なくとも1工程で用いる酸は、前記(a)工程で用いる酸とは異なる種類の酸であるか、前記(a)工程で用いられる酸と異なる強度で用いられる請求項1~3のいずれかに記載の方法。

【請求項5】
 
前記(a)工程で用いる酸は、リグニン-セルロースマトリックスを膨潤させうる強度で添加されている、請求項1~4のいずれかに記載の方法。

【請求項6】
 
前記(a)工程で用いる酸は、リグニン-セルロースマトリックスを膨潤させない強度で添加されている、請求項1~4のいずれかに記載の方法。

【請求項7】
 
前記リグニンフェノール誘導体を得るいずれかの工程において、前記リグノセルロース系材料あるいは前記リグニンフェノール誘導体と前記フェノール化合物とを含む混合系に対して超音波を照射する、請求項1~6のいずれかに記載の方法。

【請求項8】
 
リグニンフェノール誘導体を得るいずれの工程において、リグノセルロース系材料あるいはリグノフェノール誘導体とフェノール化合物と酸とを含む混合系に対して超音波を照射する、請求項1~7のいずれかに記載の方法。

【請求項9】
 
前記(a)工程における酸を、少なくとも、前記リグノセルロース系材料におけるリグニン-セルロースマトリックスを膨潤させうる強度で添加し、前記第1のフェノール化合物と前記リグノセルロース系材料と酸とを含む混合系に超音波を照射する、請求項1~4のいずれかに記載の方法。

【請求項10】
 
前記(a)工程における酸を、少なくとも、前記リグノセルロース系材料におけるリグニン-セルロースマトリックスを膨潤させない強度で添加し、前記第1のフェノール誘導体と前記リグノセルロース系材料と酸とを含む混合系に超音波を照射する、請求項1~4のいずれかに記載の方法。

【請求項11】
 
前記第1のフェノール化合物と前記第2のフェノール化合物とは互いに異なる種類のフェノール化合物を含んでいる、請求項1~10のいずれかに記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002302149thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST Research and Development of System Technologies for Resource Recycling and Minimum Energy Requirement AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close